家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >リノベーション住宅の注意点HOME > リホーム >リノベーション住宅の注意点
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

リノベーション住宅の注意点
gkl.jpg
最近リノベーションと言う言葉を不動産や住宅業者のチラシでよく見かけないですか?
リノベーションとは中古になった住宅やマンションを業者が古い設備を改装し、現在のトレンドに合わせてあたらしく販売する物件のことをいいます。

リノベーション住宅は、古い建て物がリニューアルされ、見た目には全く新築住宅とかわりませんし、設備も最新式が設置されています。

価格も手頃な価格帯から、高級住宅まで様々なタイプが見られます。

しかし、新築でありませんから、今の日本の住宅事情では建物に担保設定ができず、通常の住宅 ローンを組むことが出来ないのです。
住宅業者が利益幅を多く取っているる物件ほど、評価は低くなります。

となると、実際はリフォームローンを利用するしかありませんよね。

リフォームローンは無担保ローンになりますから金利も割高、通常は1000万程度でしたら10年返済、銀行によっては15年と言うところもあります。


資金に余裕があって、土地建物を安く手に入れようとする方や、他に担保物件がある方なら良いでしょうが、一般的な住宅ローンの支払いが精一杯という方はにはリフォームローンは厳しい条件となります。

しかし、希望の土地を探しても価格が効果だったり、建築条件付きだったりして、なかなか良い物件は見つからないのが現状です。

土地、建物を安く住宅ローンで建てようと考えると、安い土地付き中古物件を購入して、建物を解体し、住宅ローンを組んでの新築工事という形態が見えてきます。

最近知人の不動産業者がいっていましたが、現在ローン破綻による競売物件が多くなっていて、入札に一般の人が参加するのが大変増えているそうです。

やはり皆さん考えていることは同じようですね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/434-0bdd6151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。