家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地選びの秘訣HOME > 不動産の知識 >土地選びの秘訣
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地選びの秘訣
lqv_20090622212407.jpg
土地を選ぶときに、不動産物件のチラシを見たり、ネットで検索したり、不動産屋を訪問したり、はたまた足で町を歩いて探したりしていますよね。

やっと自分の生活利便性などの希望にかなった条件の土地が見つかったとしても、その土地が家を建てるのに適切な条件の土地かどうかは判断できないですよね。

土地の状況や建物に対するアドバイスは、不動産業者からの説明だけの判断となります。
不動産業者は、土地を売ることに関してのプロ、建物に対しての判断は、あなたにとって適切なものでしょうか?

例えば、購入を検討いている土地が周りに家が密集して日当たりが悪そうな場合、「この場所は日中どれくらいの日当たりがあるのだろうか?」と考えましよね。

それにたいし、不動産業者は「大丈夫です。ここは建物の高さ制限が厳しい地域ですから」程度の返答になるでしょう。

なぜかというと、不動産業者が日照時間や詳しい説明をするほどその土地は、厳しい条件がわかってしまい売れなくなってしまいますよね。

不動産業者はどんな条件の悪い土地も、自分で売らなくてはならない物件なので、良いことしかいいませんよ。

それでは、どのようにすれば良いのかというと、建築のプロと同伴で土地を見にみて、アドバイスをしてもらうのが良いのです。

現在は建物も第三者管理が叫ばれているくらいですから、土地取引に利害関係が発生しない建築のプロであれば適切なアドバイスが得られます。

現地での建物のアドバイスはとても大切で、いくら交通の便が良い、買い物に便利、子供の通学に便利・・・といった場所でも、日常生活に支障のあるような建物しか建たないような土地では問題ですよね。

このような行動を取るには、事前に建築業者か設計士などを決めておくか、親戚などに建築関連業務の方がいれば依頼するのも良いでしょう。

また、素人では土地の売買契約にたいし、見逃すような内容も建築のプロが立ち会って、チェック、指摘してもらうのも良い方法です。

簡単な方法ですが皆さん意外とやっていないので、試してみてください。
他にも土地を選ぶ場合はブログの下の記事も参考にしてください。

土地を選ぶ
土地を選ぶ基本がかいてあります。

こんな土地には要注意
意外と気づかない土地購入の盲点がでています。

  




関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/437-377471cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。