家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >施主と住宅業者の良い関係HOME > コラム >施主と住宅業者の良い関係
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

施主と住宅業者の良い関係
ppck.jpg
最近は住宅業者の突然の倒産や、工事の途中の中断・・などの報道が多く住宅業者にたいする不信感がちまたに渦巻いていますよね。

また、不景気から業者も生き残り賭け、建物価格の値引合戦も見られるようです。
このようことから、業者に対する対応も不信感や駆け引きが優先されていませんか?

しかし、悪質な内容で報道されるような業者だけではなく、良心的な業者も多くいますから、あまり駆け引きに走らず、自分の計画を見失わないようにすることが大切です。

最近ブログの質問でも、「専門家と思い依頼した建築業者が提案する間取りや仕様が気に入らず、いろいろ変更をいうと、思うように対応してくれず、不信感ばかりです」

「だんだん打ち合わせというよりもお互い駆け引きの場のようになっています。この先どのように進めたらよいでしょうか?」というメールをいただきました。

それなら、施主と業者が良い関係になるにはどのようなことに注意が必要かメールの返答にそってまとめて見ます。


1、全てを任せない

建築主と住宅会社は契約に至るまで共同作業で設計をまとめ、工事を進行させなければいけません。お互いに相手の立場を考えた上で、コミュニケーションを緊密にして進めることが大切です。

相手がプロだからといって、当初の間取り計画、仕様などは全てを任せず、あなたの考えを十分に相手に伝える必要があります。

設計上の空間設定は無限と考えられますから、例えば、太鼓を大きく叩くと大きく響きますが、小さく叩けば小さくしか響きません。
住宅業者も同じで、あなたが相手に与える条件が少なければ、プロだからお任せといってもそれなりの答えの設計しか返ってこないのです。

2、要望は明確に

建築主は、予算を含めて「こういう家を建てたい」という要望を、明確に建築業者に伝えることが大切で、要望が具体的であれば業者側も要望に沿っ た提案をすることができ、イメージどおりあるいはそれ以上の満足した家が建てられることでしょう。

安易に「坪いくらで、何坪の家、部屋がいくつ」程度では具体的な要望とはいえません。
打ち合わせに望には、事前に家族のライフスタイルや要望をまとめておくことも大切です。

3、工事内容を把握した上での値引交渉

一般に家づくりは、予算内で納まったという人よりも予算オーバーしてしまったという人の方がはるかに多いです。

そんな時に安易に値引き交渉をする建築主がいますが、見積もりは設計書内容の積み上げですから限界があります。あまり無理をいってどこか手抜き工事をされては困りますよね。

建築主も工事内容をきちんと把握した上で値引き交渉をすることが大切です。

4. 信頼し任せることも大切。

契約するまでには住宅業者と何回も打ち合わせをする機会が発生します。

そこで「この業者なら安心」という確証を得たならば、その後はその業者を信頼し任せること も大事です。疑いの目と駆け引きで交渉していると、工事が始まっても両者にとってつらいことです。

任された側は信頼されていると感じれば良い仕事をしようと思うものです。
家の内容もこのような交渉内容でも、出来栄えが違ってくるものです。

5、変更は早めに、書類を交わす

現場が始まると、設計打ち合わせ時点では気づかなかった点に気づくことがあります。
変更箇所が出た場合は、早めに変更の意思を担当者に伝え、口約束だけなく必ず書類に残しましょう。

以上が建築主と住宅業者の良い関係のポイントです。
家の内容や時代が変化しても、良い家を造るにはお互いの関係はかわりません。
下手な勉強をして業者との駆け引きに挑むのではなく、きちんと相手と対話することを基本としてください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/438-654c9363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。