家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家づくりは人との出会いからHOME > コラム >家づくりは人との出会いから
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくりは人との出会いから
iruka.jpg
家を建てようとするとき、まず何から始めますか?

住宅メーカーのパンフレットやチラシを集めてながめたり、展示場にいって見学したりすると思いますが、必ず人との出会いから始まります。

展示場の営業マン、知人の紹介の工務店、・・・などあなたを取り巻く環境によって、様々な人との出会いがあります。

人は自分のイメージを大切にしていますが、人との出会いによる経験からから多くのことを学ぶでしょう。

「家づくりはどのようなことからスタートしたらよいかわからない」「住宅業者の言っていることが信用できない。」とお考えの方も多いでしょうが、まずは家を造る側の人と出会うことがスタートです。

あなたは住宅会社を決定するのに、企業の実績、内情、資本力・・・などいろいろ調べたいとお思いでしょうが、本当の内情はわからず、口コミ情報や噂程度での調査内容になってしまいますよね。


家づくりは「技術力が・・」「会社の信用度が・・」「商品の内容が・・」と考え身構えても、意外と営業マンや工務店社長の人柄などで決定してしまう場合が多いのです。

よく、「あれほど厳しく検討していた方が、なぜあの会社に依頼したのだろう」と思うような例もあります。

また、私の知っている経験豊富な営業マンで、住宅の内容を一通り説明したら、後は「土下座専門」という営業マンがいます。
彼の場合は人格者で人柄もよく、上手に相手の心の機微に訴えて、最終段階は訪問するたびに「土下座」、大方の人は気分よくして契約に至るそうです。

この方法に徹してから、彼の営業成績が大幅に伸びたといいますから驚きですよね。

他にも、工務店はいや、大手ハウスメーカーじゃないとといって、5、6社のメーカーを渡り歩いたがどこも契約に至らず、なに気なく訪れた工務店の展示場で工務店社長と意気投合して契約したといった例もあります。

また、会社の上司に頼まれ、乗り気ではなかったが契約し、完成後失敗したと嘆いている方もいます。

やはり、人と人の出会いは自分や家族の「感性」を大切にしたいですよね。

家を建てようとし、多くの営業マンや技術者に合うことによって、住まいに対する様々な考え、選択肢が広がってきます。

まずは、カタログなどと「にらめっこ」ばかりしていずに、積極的に業者側へ足を運ぶこともにより、あなたの住まいに対するいろいろな考え方が生まれてきますよ。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/439-79e1f164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。