家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅の本契約時期に注意HOME > 家づくりノウハウ >住宅の本契約時期に注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅の本契約時期に注意
ouy.jpg
家を建ってるのに、土地探しからハウスメーカーに依頼する場合が多いですよね。

このような場合、メーカーが見つけてきた土地を契約する場合、土地契約と同時に請負契約(本契約)をすすめようとするハウスメーカーが増えています。

ただし、住宅の内容が詳細に決まらず、概算見積もり段階で請負契約を結ぼうとするところが多くなってきています。
住宅ローンは、土地、家両方セットが一般的ですが、契約内容が決定してからでいいのです。

これでは、詳細打ち合わせに入いってから、「仮契約時と話が違う」「希望が通らない」といった話が続出していますよ。

なぜこのような話になるかというと、メーカーが土地を紹介ということは、メーカー側からすれば顧客に「ツバ」を付けたようなもの。

現在のように、顧客側も知恵を付け競争見積もりなどが増えているのに対し、土地を紹介した客くらいは他社との競争なく営業したいと言う表われになります。

ですからハウスメーカーは、土地契約時に限らず、住宅ローン審査待ち期間など、すきあれば本契約をと考えていますよ。

最近も住宅の苦情相談サイトで、「仮契約時の概算見積もりで値引が120万だったのに、本契約をしてから詳細な打ち合わせで、提出された見積もりでは総額が上がったのに、75万しか値引されていない」という怒りの投書がありましたが、完全にハウスメーカの勝ち、このような契約すること事態悪いのです。

また、本契約をしつこく急ぐので、本契約しないと詳細な打ち合わせや、客の要望が通らないのかと思い本契約したとたん、営業は離れていって技術サイドとの話、あれほど営業マンと打ち合わせた話が通っていなかったり、逆に要望が通らなかったりして、結局手付け金放棄のキャンセルが多くなっていますよ。

請負契約(本契約)は建物の詳細が決まり、見積書が確定してから締結するものです。
営業マンは本契約を急ぎまが、決してあなたのためを考え急いでいるのではないのですよ。

自分の月々のノルマ、歩合額、社内実績のために急ぐのです、本契約が終われば次の顧客探しや仮契約者の対応に回ってしまいますよ。

ハウスメーカーが土地を探してきたからといって、本契約を急がなければならない決まりは何もないのです。
ジックリと納得がいくまで検討し、予算をしっかりと詰て本契約するようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/444-d8dae276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。