家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >した方が良いの?しなくても良いの?HOME > 建築現場 >した方が良いの?しなくても良いの?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

した方が良いの?しなくても良いの?
xkk.jpg
現場が始まると「上棟式はしたほうが良いですか?」と聞かれることがあります。

以前のように大工や工務店主流の家づくり時代は、したほうが良いかではなく、しなくてはならない行事の一つでした。

私たちが子どもの頃は家の近所で上棟式があると、屋根から紅白の餅をまいたり、お菓子などを配ってくれたりして、楽しみにしたものでした。

今は略式ですることが多いので、地鎮祭と違って、神主がくるのは少なく、監督が司会をして式を進めることが多いようです。

では何をするかというと、お札を棟木に収めて、今までの工事の無事を慶び、これからの工事の無事を祈願し、その後、施主が職人さん達をねぎらう宴をひらきます。
このときにご祝儀を出されるのが一般的で、ご祝儀の額は、棟梁や頭に1~3万円、他の職人さんに5千円~1万円というのが相場でしょう。

それでは本題の「したほうが良いのか?しなくていいのか?」はというと、地鎮祭と違って、上棟式は施主が職人をもてなす、という色合いが強いので、最近は業者側も遠慮する傾向が見られ、大変に少なくなりました。

特にハウスメーカーの場合は、施主が強いて要望しない限り、やらないというのが一般的です。
以前は上棟式というと、棟上げ、式典が終わると現場で酒宴の席が常識でしたが、今は上棟式の帰りといっても飲酒運転は厳禁、会社の責任問題にまで発展します。

しかし、「何もしないのも気になる」と言う方もいて、上棟式はしなくても、職人に対し労をねぎらう意味で、昼食の弁当や簡単な手土産などを用意する方が多くなりました。

また、上棟式と同じように「お茶だし」も「したほうが良いのか?しなくていいのか?」とよく聞かれます。
毎日のお茶だしは現在はほとんど見られなくなりました。
時々現場を見に行く折に、飲料水や菓子などの差し入れ程度で十分といえます。

ですから、「したほうが良いのか?しなくていいのか?」の答えとしては、「しなくて良い」と割り切った考えでも良いのです。

しかし、家は現場で様々な職人や専門工が集まって造っていきますから、現場に行く際は簡単な差し入れ程度は持参して、職人達との会話によってコミュニティをはかるのも、現場を進める上で大切といえます。

この問題は、地域性や業者さんによって習慣の違いがあり、「こうしなければならない!」と決められたものでなく「気持ちの問題」なのですから、あなたの地域の習慣や、請負業者の対応に添って対処してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/452-768ef343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。