家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家づくり2つのタイプHOME > コラム >家づくり2つのタイプ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくり2つのタイプ
yuuo.jpg
家づくりの取り組み方を考えると、施主は大別して2通りのタイプに分けられます。
一つは最近非常に多くなった「性能・機能重視タイプ」と、もう一つは従来から見られる「住まい方重視タイプ」です。

「性能・機能重視タイプ」の方は、家を性能を徹底的に追求し「耐震性や耐久性、気密・断熱・省エネ性能、防犯機能・・・」といったように性能・機能の充実が最優先と考えています。

この手の家は大手ハウスメーカーが得意とする「我が社の家は、ココが違う!」というCMが流れていますよね。
ハウスメーカーの「至れり尽くせり」の機能や設備は、今現在の最新の性能を持っていますから、「こんな機能を備えていれば安心!」となってしまいます。

もう一つの「住まい方重視タイプ」は、「どんなライフスタイルにするか」「なににこだわって、家づくりをするか」という、あなたやあなたの家族の“想い”からスタートするという考え方です。
現実的な性能等はさておき、まずは夢や想いから家作りを始めるというやり方です。


2つのタイプを比べ、どちらの考えが良いとか悪いとかいうつもりはありませんし、あくまでも、あなた自身の「満足「納得」に到達できれば良いのです。

それでは、私の考えはどうかというと、最近はあまりにも「性能・機能の数値」にこだわって、「住み心地」「住みやすさ」というのが、少しないがしろにされているような気がします。

「性能・機能の数値」が前面に現れ、「だからこんなに快適!」という図式もみえますが、家づりを考える「順番」が、逆ではないでしょうか?

正しくは「こんな風に暮らしたい!」それでは、それを実現するために必要なものは何かという図式ではないでしょうか?

前者の場合、「性能・機能の数値」により、間取りや構造が限定されがちになります。
「性能・機能」に満足いけば、その箱物(家)にそれ以上は望まないと言う考えは、「設備」が主となってしまい、そこに住む「人間」は従となってしまいます。

また、設計する立場で考えると、「性能・機能」に満足する家づくりは単純で簡単です。
数値で規定できない人間の生活空間を設計することに、設計の醍醐味があると言えるでしょう。

ごちゃごちゃと理屈を述べましたが、住まいの設計が「性能・機能の数値」を要求する内容が多くなり、寂しさを感じることが多くなりました。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/453-56404388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。