家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >フラット35の応用性HOME > 資金計画 >フラット35の応用性
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

フラット35の応用性
wwaa.jpg
住宅ローンのフラット35には、一般金融機関の住宅ローン商品と違い、いろいろな応用性のある商品といえます。

通常のフラット35の場合、個人に対して融資を行うのはあくまで民間金融機関のみになり、住宅金融支援機構は、ローン債権を買い取ることで民間金融機関をバックアップするだけで融資はしません。

しかし、「フラット35・すまいるパッケージ」は、個人に対して住宅金融支援機構と民間金融機関がそれぞれに融資を行います。

「すまいるパッケージ」の魅力は、住宅金融支援機構が融資する長期固定金利の安心と、金利の安い変動金利を含む幅広い選択肢から選ぶことができるという民間融資のメリットを一体化した商品といえます。

2つの金融機関から融資を受けることになりますが、申し込みは同時に申し込み、住宅金融支援機構での融資基準と一体で審査を行い、同時に融資決定されます。

そのため、申請書類の手続きも一回で済む点で非常に利用しやすくなっていますよ。

このシステムは、民間金融機関が住宅融資保険をかけて、フラット35と同様に、保証料や繰上げ返済手数料は不要になります。

「すまいるパッケージ」は低金利時代を反映して、最近増えてきた固定金利と変動金利の併用ローンと同じく、借り入れ金の全額に対して固定金利を適用するのは支払いが大変だけれども、固定金利の安心感と金利の安さで調整できる利点があります。

そのほかにもフラット35のシステムには「買取型」「保証型」というものがあります。

「買取型」は一般にいわれているフラット35のシステムで、民間金融機関は住宅ローン債券を住宅金融支援機構に買い取ってもらい、住宅金融支援機構は、証券化して投資家に販売するという仕組みです。

その結果、商品設計の自由度が少なくなり、フラット35を取り扱っている各金融機関間の違いは、金利と融資手数料だけとなっています。

それに対し「保証型」は金融機関が自ら住宅ローン債権を証券化し、投資家に販売します。

債務者が返済不能となった場合には、住宅金融支援機構が金融機関に保険金を支払い、投資家への期日どおりの元利払を保証します。

金融機関が自ら証券化の手続きを行うことで、ローンの借換えのための融資や購入価額の100%までの借入れも可能になるなど、金融機関サイドでの裁量の余地が発生するため商品内容に様々なバリエーションが生まれることが期待できます。

史上まれに見る低金利時代の影響で、「フラット35」の影が一時薄くなりましたが、上記のような流動性のあるシステムもあり、また、フラット35融資条件緩和などで、融資比率を取得費の100%まで拡大されたりと、時代に即した商品に生まれ変わりつつあるみたいです。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/455-25f42a64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。