家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >中古・太陽光発電パネルの販売HOME > 住まいの情報 >中古・太陽光発電パネルの販売
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

中古・太陽光発電パネルの販売
ttop.jpg
長野県駒ケ根市にある「ネクストエナジー・アンド・リソース」社が、建築物や施設に設置され、役目を終えて撤去された太陽光発電パネルを回収し、2005年からリユース事業に乗り出しています。

太陽光発電パネルの耐用年数は、20年以上で約30年程度はあるのではないかといわれているが、実際のところ正確なデーターがなく、よくわかっていないのが現状でしょう。

同社が調査した結果、20年以上前から使われ続けているパネルでも、十分な性能が得られることがわかりました。
例として、「25年前、48Wの出力が保証されたパネルが、今でも40Wを出力できた。」という話です。

これでは捨ててしまうのはもったいない話ですよね。

同社では、過去4年間で回収したパネルは、合計で1万2000枚あり、そのうち、80%程度は再販可能だったそうで、同社独自に性能評価を行い、1年間の保証を付けて販売しています。


特に20年前あたりの製品は、現在のものと比較して品質が高く、急激な性能低下は起こっていない」と説明しています。

現在の太陽光パネルの劣化要因は、パネルの裏面を覆うシートが破れる、パネル内部のハンダ線が劣化する、発電素子自体が劣化する──などが考えられるそうです。

しかし、20年前あたりの太陽光発電パネルはまだ一般家庭に普及しない、実験的な段階のものが多いですから、製品としてもコスト競争に巻き込まれず、高品質であったと考えられます。

リユース業務を進める中で、小規模な太陽光発電には根強いニーズがあり、同社のサイトには約800人のメール会員が登録されており、中古の「出物」があれば、右から左に売れるというはなしです。

太陽光発電システムは現在、世界各国が商品開発に乗り出し、まだまだ効率の良い商品が開発される可能性があります。

そのような現在よりもはるかに優れた商品が市場に出るまでの間、中古の太陽光発電パネル を利用するのも一つのエコ対策でしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/457-6ef4df93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。