家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >通風を考えている?HOME > 家づくりノウハウ >通風を考えている?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

通風を考えている?
zzpp.jpg
家づくりを考えるとき、間取りは、外部デザインは、設備機器は、気密性は、・・・などがどうしても優先されますよね。

そこで見落としがちになるのが「通風」です。

特に気密を追求した家は、窓などの開口部が少なくなりがちです。
特に、誰もが求める「快適な家」には、エアコンや床暖房などの空調設備が欠かせません。

つまり、家全体の気密性を高め人工的に室温を調節するのが基本の家になっています。

しかし、このような設備がただ付いていれば良いというわけではありませんよ。
換気の基本は「汚れた空気を家の外に出し、外から新鮮な空気を取り入れる」訳ですが、同時に外部湿気も室内にに流れ込みます。

特に24時間換気が義務化されてから、建物の気密が向上したぶん、室内の湿度残留濃度が増えているといえます。建物の寿命は湿度から発生するカビなどに大きく左右されます。

このようなことから、空調設備にこだわらず、窓をあけての「風通し」は、間取り計画の時点で考えないといけません。

それでは、効率の良い換気と風通しのポイントと説明します。

■1つの居室に2つ以上の窓。

いくら大きな窓をひとつ作っても通風の助けにはならないのです。
風の入り口だけでなく、「出口」をつくる必用があり、入り口の窓に対面する位置に設けるのがベストです。
また窓と窓の距離が離れていればいるほど、風は大きな効果が出て、部屋のより広い範囲で湿気を追い出すことができるようになるのです。

間取り計画時には、夏の湿度が高い時期にどの方向から風が入るかを考え窓の位置を決めましょう。

■ 上下に風の流れを

開口部は、、一方を高く、もう一方を低くすると風が通りやすくなります。
また、2方向の窓に開閉式の天窓を組み合わせると、湿度が天窓の上部に上昇し、明り取りだけでなく除湿効果としても大きな役割を果します。

■ 建具形状と換気装置

開口部のアルミサッシの建具形状でも換気量が大きく違ってきます。
例えば引き違いサッシですと、開口部面積の半分しか通気で着ませんが、ガラリやオーニング、滑り出しサッシに変えると全面積での通気が有効となりますから、トイレ、洗面所などの水廻りの小さな窓はよく検討しましょう。

外部に面したサッシのみでなく、バスルームや納戸、勝手口ドアなど、特に湿気がこもりやすい場所の入り口建具もガラリ付の建具を用いるなどの検討をしてみましょう。

最近は、高気密・高断熱住宅にしたのに室内にカビが発生するといった、苦情をネット上でよく見かけます。高気密・高断熱住宅といっても、年中締め切りの住宅にするわけにはいかないのです。

上記のような「通風対策」がないがしろにされていれば、逆に高気密・高断熱住宅こそカビ、ダニの発生しやすい住宅になっていまいますよ。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/462-1bdfd56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。