家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >太陽光発電・誰にも責任のないトラブルHOME > 住まいの情報 >太陽光発電・誰にも責任のないトラブル
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

太陽光発電・誰にも責任のないトラブル
llds_20090802161442.jpg
以前太陽光発電はメンテナンスフリーのはづだったが、実際には問題があったと「メンテナンスフリーじゃなかったの」で説明しましたが、また新しくトラブル情報がはいりました。

しかし、そのトラブルは誰にも責任のないとういう厄介な話です。

現在、太陽光発電を導入している方がいましたら、モニターに下のような表示が出ないか注意してみてください。

「電圧上昇抑制機能が働きました。2009年○月○日」

太陽電池モジュールは正常に発電し、システムは問題なく作動していても、モニターにはこのような表示が出る場合がありますよ。

それでは電圧上昇抑制機能が働いていると、どのような問題が起きているかというと、発電余剰電力を「電力会社に売れない」状態にあるのです。

電力買取価格がこれまでの2倍に決まったのに、肝心の電気が売れないトラブルでは大変ですよね。

電力会社から供給されている電気は、多くの家庭が一斉に使うと供給側の電圧が低くなったり、逆に電気の使用量が減ると電圧が高くなったりします。
電気事業法では、その範囲は101Vから±6Vと決まっていて、電力会社は95Vから107Vの範囲で各家庭に電気を供給しています。

電気も川の流れと同じで、電圧の高いところから電圧の低いところへ流れていきますから、太陽光発電など家庭でつくられた電気が電力会社の系統に流れていくためには、電力会社の系統よりも高い電圧でなければなりません。

そこでパワーコンディショナーが、電力会社の系統の電圧を検知して、それよりも高い電圧となるよう調節しているのですが、パワコンディショナーが調節する電圧も、107Vを超えることはできないのです。

電力会社系統の電圧が107Vに限りなく近かった場合は、パワコンの電圧を抑制する機能が働いてしまい、その結果、1回につき数分程度にわたって電気が流れていかない、つまり電気が“売れない”状態になってしまいます。これが「電圧上昇抑制」がかかった状態なのです。

特にこのような状態になりやすいのは、近くに工場があって、同じ電力回線を使用しているケースや、一定の地域に太陽光発電の設置件数が多くなるとなりやすいと言われています。
この問題は全国でどれくらい起こっているのかは、はっきりとは分かっていず、10%程度でないかといわれています。
実態としては、「なんとなく売電量が少ない気がする」「晴れているのに売電メーターが回っていない」といったクレームで初めて「電圧上昇抑制らしい」と疑われるという具合なのです。

知らないで長く放置しておけば、せっかく生み出した余剰電力も無駄になり、知らぬ間に損害が膨れあがってしまう可能性もありますよね。

それでは、「この問題はどこに責任があるの?」と追求しても、電気事業法では、電圧の測定方法も規定していて、30分ごとに測った「平均値」が107Vを超えていなければ良いのです。
ところがパワコンディショナーのほうは瞬間ごとに電圧を追いかけていますので、一瞬でも107Vを超えることがあれば電圧の抑制をかけてしまいます。

電力会社の計測では瞬間値は問題にしませんから、「電力会社に改善の義務はない」という話になるのです。

こうなると、厄介な話で故障という扱いでもなく、施工不良でもなく、誰にも責任がなくメーカー保証で対応してもらえません。

この問題が業界で取りざたされてから、最近、一部メーカーの製品では、この症状が起こった場合に表示モニターに記録が残り、確認できるようになりました。
しかし、従来のモニターやパワコンディショナーにはそのような機能がなく、保証で対応してもらえません。

電圧上昇抑制が実際に起こっていてもユーザーは気付かないのが普通と思われます。
太陽光発電を導入している方は、明日からでもモニター表示を注意して見てください。

電圧上昇抑制が起きている疑いが強ければ、最終的には電力会社に相談して調べてもらいましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/464-0f9548e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。