家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >いったいどこに依頼すれば・・・HOME > コラム >いったいどこに依頼すれば・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

いったいどこに依頼すれば・・・
ggi.jpg
マイホームの購入を考えると住宅展示場を見てまわり、数社のハウスメーカーの営業マンと接触しますよね。ハウスメーカー営業マンは口をそろえて、自社商品の良いところと他社商品の欠点をアピールします。

あなたはそのような状況の中で「なにが本当に良いのか」「どこに依頼すればよいのか」わからなくなってはいないですか?

現在のハウスメーカーの商品はそれぞれの特徴があっても「これ!」といった決め手はなくどんぐりの背比べ状態。それならどこを選んでも同じようなもの、そのような方が最近ネットの住宅相談コナーで、「ハウスメーカーはどこのメーカーが良いでしょうか?」「あなたはハウスメーカ選ぶのに何にこだわりましたか?」といった質問を多くみかけます。

住宅相談コナーの解答欄には、回答者それぞれのお勧めメーカーや、選択基準などがでています。 じゃあこれの中から、自分のフィーリングに合いそうなハウスメーカーを選択すれば良いのでしょうか?

ちょっと待ってください、よく考えると他人に依存しすぎる大変に安易な方法ではないでしょうか?

ハウスメーカーの住宅は、カタログでは全国一律均一商品ですが、住まいの本当の良し悪しの判断は施工内容に現れます。ですから実際に施工するとなるとその意味合いは大きく違ってきますよ。

それは、ハウスメーカー本社社員が全国で均一の家を建てているのではなく、その地域の営業所が建てるのです。そこには、地域の営業所の方針や担当営業マン、担当技術者、地元下請け業者といった面々の総合作業の結果で評価されます。

ですから、住宅相談コナーで「○○ハウスはここが良かったです」「△○ホームはこういう点がお勧めです」といった回答があっても、あくまでもその方の判断基準と、そのハウスメーカー地域営業所の施工レベルの問題であって、あなたの地域において実際ににはどの程度の施工レベルなのかは不明なのです。

ここまで説明すればネット上の相談がいかに意味のないことかわりますよね。それでは、「どこに依頼するかはどうやって調べればいいの」となります。

ハウスメーカーに限らず、住宅業者の選択基準のポイントは、その地域での業者が作った住宅を見たり、工事途中の現場を見学をしたり、入居者の声を聞くことでしょう。

現場見学の場合、業者側がセットした見学会では意味がありませんから、普段の工事現場をみることが大切です。現場は施工に対する知識がなくても、現場内外の材料の整理整頓ができているか、ゴミが散乱していないか程度の確認の選択基準でも十分です。上記の内容が厳守できない住宅業者では、良い建物は出来ません。また、普段の現場見学を拒むような業者では施工内容に疑問がありますから要注意です。

このようにして、地元のメーカー営業所や業者が実際にどのような仕事をして、どのような評判なのか、建てたOBの声は、といったことを調べるのが自分にとって最もよい業者選定であり、家づくりの近道といえます。

  



関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/471-9901f226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。