家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >良い工務店選びHOME > 家づくりノウハウ >良い工務店選び
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

良い工務店選び
brd0054-044_s.jpg
家を建てるとき、ハウスメーカーはチラシやモデルハウス、展示場でのイベントなどで比較検討する要素がたくさんありますが、「地元の工務店に依頼したい」と言う場合、どのように判断して工務店を選んでよいか悩んでいる人も多いと思いますので、良い工務店を選ぶために重要なポイントまとめてみます。

良い工務店選びのポイント

1、建設業許可を持っている業者

工務店といっても名前だけで、建設業許可も取ってない個人請負業者は問題が発生した場合を考えると避けたほうが賢明でしょう。

新築住宅の建設や大規模な増改築などの「建築一式工事」の場合、1,500万円以上または延べ面積150平方メートル以上の木造住宅の工事までで、建築一式工事以外の場合は、500万円以上の工事までです。

この条件を下回る「軽微な工事」であれば、建設業の許可がなくても仕事が受注できるのですが、施工能力のない会社が「軽微な工事」の範囲内で請け負っていることがあるので、建築業許可を取得している会社を選ぶのが良いでしょう。

2、自社で直接施工する工務店であること

仲介だけするブローカー的な業者や、受注した仕事を下請けに丸投げし、自社では一切施工しない工務店もあります。また大手ハウスメーカー専属下請けなどの業者は避けるようにしましょう。

3、専門資格者がいる

工務店というと大工だけの組織もあるが、建築士資格や施工管理士の資格者がいないと、常に社会と共 に変化する法規制に対応できない。
もし存在しない場合は、外部設計事務所などとの協力体制がどうなっているか、確認しましょう。

4、地元業者で現場に近い

工務店が現場に近ければ、その仕事の出来が地元での評判に直結しますから、生き残りのためにも、管理やメンテナンスなどを含めて責任を持って仕事をするようになります。

5、財務内容の確認

工務店だからといって、技術・技能力だけではダメで、財務内容が悪化していてはトラブルの原因にもなります。各都道府県庁の窓口で建設業許可書類が閲覧できるので、不安な場合は決算書を見て内容をチェックしたり、取引業者を知っていれば支払い状況なども確認しましょう。

6、明細見積書を出す工務店

ハウスメーカーなどの見積もり方式は一式見積りで、詳細工事の数量が不明のブラックボックス型が一般的ですが、工務店の場合は工事種別ごとに数量や単価が明記された見積書を提出してもらうことが大切です。
明細見積書があることによって、変更やトラブルがあった場合も明細見積の項目に沿って対応できます。

7、契約内容

契約書には工事金額の他に、工事費の支払い方法、工事期間、工事の範囲なども明確に記載するようにします。さらにこの契約約款に加え図面(設計図一式)、見積書の3点セットで契約することが、後々のトラブル防止にも役立ちます。

8、まとめ

家づくりは長い付き合いになるので、強い責任感のある一貫施工体制の工務店を選ぶことです。 人を見極めることはとても難しいのですが、話をよく聞いてくれるといったような印象や仕事ぶり、対応の仕方など、一つ一つの行動を見て判断することが大切です。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/477-0cf316f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。