家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >フラット35融資条件大幅緩和HOME > 資金計画 >フラット35融資条件大幅緩和
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

フラット35融資条件大幅緩和
3_43494_90x90.jpg
「経済気対策に伴う制度拡充」として政府が打ち出した方針により、フラット35の内容がこれまでになく、内容が充実し融資条件が大幅に緩和されましたよ。

2009年度の補正予算案に盛り込まれたフラット35の拡充策は、民間金融機関のローンに限りなく近づくとともに、バリエーションも豊富になりました。

では、どのような内容になったか説明します。

1、融資比率を取得費の100%まで拡大され、建設費、購入価格の全額融資が可能になった。  

2、融資対象になる諸費用の範囲が拡大された

頭金がゼロでも、通常は税金や保険、各種手数料などの諸費用はかかりますが、建築確認などの公的手続きの費用、住宅性能評価やフラット35の適合証明などの検査費用についても、領収書などで確認できれば融資額に含めることが可能になった。

3、フラット35S(20年優遇タイプ)の開始

   一定の性能基準に適合すれば20年間金利3%優遇、通常タイプは当初10年間の金利を0.3%優遇するというものです。
通常タイプよりも、性能に対するハードルが高くなっており、その一つに「長期優良住宅」も含まれています。

4、借り換えに対応

フラット35の資金使途は、これまでは新規住宅建築・購入及び中古住宅の購入に限られていましたか借り換えもOKとなったことはローン利用者にとって大歓迎と言えます。
ただし、借り換えできるのは「当初の住宅ローンの返済実績が1年以上あり、その間正常にご返済されている方」となっていますから注意してください。

また、購入後に資産価値が下がり、売却価格よりローン残債が多い、いわゆる担保割れの状態になっている場合でも、「担保評価額の200%」まで融資可能としています。

現在の低金利を反映して、都市銀行の短期優遇金利が大変人気があり、優遇期間が終了すると「変動金利」に移行するのがわかっていても、目先の低金利に魅力を感じているのが実態のようです。

ただ、「変動金利」はここ数年固定金利よりも低金利ですが、いつ爆発するかしれない爆弾を抱えているようなものですから、フラット35が民間金融機関のように融通性がある商品に変わってきたことは、歓迎できるといえるでしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/480-4b03f101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。