家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >長期優良住宅の優遇措置HOME > 住まいの情報 >長期優良住宅の優遇措置
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

長期優良住宅の優遇措置
小屋_90x90
長期優良住宅は、良質な住宅ストックを普及させ将来世代に継承するために、劣化対策、耐震性、省エネルギー性などの住宅性能が高く良質な住宅ですが、当然に建築コストは高くなってしまいます。
しかし、長期優良住宅の普及に向けて、様々な優遇措置が図られていますから説明します。

また、長期優良住宅の建物認定基準はブログ内の「長期優良住宅」で、長期優良住宅の事業基準の違いは「3つの長期優良住宅」で確認してください。

税金の特例措置

1)住宅ローン減税

住宅ローン減税(平成21年から適用)では、一般住宅で500万円の最大控除に対し、長期優良住宅の場合は、最大600万円までの控除があります。

ttt.jpg

また、これまで所得税だけを対象にしていた住宅ローン減税が、住民税からも控除されます。所得税から控除しきれない場合には、翌年度の住民税から控除を受けることができます。

2)投資型減税

現在年間で、持家取得の約70万戸のうち28万戸程度がローンを利用せずに住宅を取得していると想定され、そのようなローンを利用しないで長期優良住宅を取得する人にも適用されるのが、投資型減税です。

長期優良住宅にするための性能強化費用相当分の10%相当額がその年の所得税から控除されます。
ただし性能強化費用が1,000万円を越える場合、1,000万円が限度額でその10%が控除額となります。

性能強化費用は木造住宅であれば標準的な性能評価費用は1平米あたり3.3万円と試算されますから、例えば100㎡の住宅の場合、性能強化費用は330万円となり、その10%の33万円が所得税から控除される計算になります。

ローン減税とは異なり、対象は所得税のみで、住民税からは控除されません。また、控除額がその年の所得税額を超える場合は、翌年分の所得税額から控除することができます。この投資型減税は平成23年12月31日まで実施されます。

3)その他各種税金の軽減

ローン減税などの他に、長期優良住宅の認定を取得すると「登録免許税」「不動産取得税」「固定資産税」の3税の負担も軽減されます。

ddo_20090911103508.jpg

住宅ローンの供給支援

1)フラット50の新設

民間金融機関が、長期優良住宅に対し最長50年の住宅ローンを供給できるようになりました。

2)フラット35S の内容拡充

「フラット35S」は、省エネルギー性、バリアフリー性、耐震性、耐久性・可変性のいずれか1つの基準を満たす住宅について、10年間金利を0.3%優遇するものですが、認定長期優良住宅では、この金利優遇が10年間(1.0%)になります。

まとめ

このように長期優良住宅は、良質な住宅ストックを普及前提に様々な優遇措置が付いていますから、予算に応じて上手に利用してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/483-b86d6eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。