家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >こんな不動産業者に要注意HOME > 不動産の知識 >こんな不動産業者に要注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

こんな不動産業者に要注意
3_51471_90x90.jpg 「土地の選び方」のコーナーでは、土地に関する情報や問題点を重点に扱ってきましたが、土地を扱う不動産業者も良し悪しの判断基準がありますから、その点をまとめてみます。

「探している土地の条件さえ合えば、不動産業者は特に問題ないよ」と言う方もいるかも知れませんが、実際、土地選びで成功するかどうかは、不動産業者にかかってるんですよ。

信頼できる業者かどうかを見分けるポイント

1、希望地域の土地情報(相場など)に詳しいの?

土地の価格は常に変動していて、一般的には3ヶ月周期程度で動いています。
例えば不動産業者に「○○町の土地を探しているんですが、いくらくらいですか?」と聞けば「○○町なら、坪○○万円くらいですよ。」という答えが一般的な応対になります。

そこで、さらに突っ込んで「最近、この地域で契約された例はありますか?」とか「ここ数ヶ月の間に価格に動きはありますか?」と聞いてみてください。

もうわかりましたよね。
その地域に詳しい業者なら、実際に取引された価格など詳細に教えてくれるはずですし、曖昧な返事なら、その地域について詳しくありませんから、相場価格より高く買う危険性がありますよ。

2、物件の正確な資料はあるの?

関心ある物件があったら、物件資料を請求してみましょう。

信頼できる業者は正確な資料を作っていますが、意外と何ヶ月も販売しているのにそういう資料を作成してない業者もいるのです。
そのような業者にかぎり、重要事項を確認するのに時間がかかったり、売主側と話が進まなかったり、食い違っていたりする場合があります。
正確な物件資料を用意しているかどうかで、仕事に対する取り組み姿勢がわかってきます。

3、現地案内で最終確認

上の二つがクリアーできれば、「現地案内」を依頼しましょう。
現地を見ないで聞いたイメージだけでは絶対判断しないでください。
現地を見れば土地図面上ではわからない、土地周囲の状況や道路、側溝、境界・・などの状況がわかりますから、気になるところを、直接質問してその物件について把握しているかどうか確認してください。
「多分、○○です」や「○○だと思います」という答えでは要注意ですよ。

それに、良いところばかり説明するのも要注意です。何事もおなじですが、メリットがあればデメリットもあるのです。特に言葉巧みに悪いものを良く言って販売をするのが、営業マンの実力と勘違いしている人が多いですから注意しましょう。

また、現地調査の時点で不明な点が発生し、その場でわからない場合、「後ほど確認して連絡します」という答えをいただきましょう。
その場で曖昧にしてしまうと、契約まで進んだ場合、あとでトラブルになりますので注意してください。

以上が不動産業者を選ぶ場合の注意点です。
土地探しはあなたのマイホーム計画の出発点ですから、どのような不動産業者を選ぶかも大切なポイントですから参考にしてください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/492-6b55adb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。