家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいと住環境、どちらを優先?HOME > コラム >住まいと住環境、どちらを優先?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいと住環境、どちらを優先?
ggds.jpg 最近ブログへの質問で「交通の便利な街中に、建売4,100万円の物件と、ちょっと不便な田舎に土地を購入して注文住宅を3500~4000万円で建てるのと、どちらが良いかアドバイスがほしい」という内容の質問がありました。

結論から言うと、私の考えとしては「家は土地の上に建ちますから、住環境が優先されるべきであって、住み手にとって比較している土地に対し、将来に渡っての家族全体のライフスタイルを検討して、優先すべき事項の多い方を選んではどうでしようか?」という答えです。

最近はこの手の質問が増えていますが、アドバイスをするにも現地が見えないと、どうしても漠然とした内容になってしまいます。

以前ですと土地の価格が安い分、広い土地が手に入り環境の良い「田舎の土地」をすすめていたでしょうが、最近は核家族化、老後における生活スタイルの変化、「長期優良住宅」に見る不動産としての価値・・などの様々な角度から検討しないと一概には答えが出せないと考えています。

ただし、質問にあるような「交通の便利な街中の建売」だとしても、不動産業者が利益ばかり考えた同じデザインの、箱型田の字型プランが乱立した建売住宅はおすすめしません。


建売住宅であっても、住み手の対してコンセプトを明確にし、土地環境を考慮した建売住宅を選ぶようにしましょう。
逆に、土地+家の注文住宅であっても、土地の形状や住環境の検討をせず、ハウスメーカ規格プランを先に決定し、そのプランの家が建つ土地を前提に土地探しをする方もいますが、それでは住環境は二の次、本当の意味での注文住宅とは言えませんよ。

しかし、最近はこのような方が増えているようで知人の不動産屋の話では、ハウスメーカの箱型プランが入らない変形地は、土地価格が大幅に下落してしまうそうです。
設計士としては変形地の方が「プランや構造にも変化が出て腕の振るい所」とかんがえるのですが・・、ともかく、安い土地を求めるなら変形地は一考ですよ。

冒頭に述べた「家は土地の上に建つから住環境が優先・・・」ということは、どのような場所の土地であっても、その土地の住環境を考えた設計や家づくり、住宅購入が大切なのです。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/493-69816f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。