家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >用途地域の注意点HOME > 家づくりノウハウ >用途地域の注意点
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

用途地域の注意点
maun.jpg
用途地域とは、各地域の行政側が計画的に街づくりを行うために定めたもので、その地域において建築可能な建物の種類等を制限しており、この用途地域に準じて敷地と建物の関係を規制する建ぺい率や容積率も決定されています。

用途地域にはどのような種類があるか、建ぺい率、容積率とはどのような内容かは「住まいの法規」で確認してください。

最近は皆さんもよく勉強していて、用途地域や建築の制限などは不動産を検討される際には必ず確認していると思います。

ただし、一般的な知識では不十分な場合がありますよ。
それは、異なる用途地域が隣接していている場合や、またがっている場合です。

例えば、気に入った土地が低層住居専用地域であれば、あまり高い建物は建ちませんから住環境にも良いと思いがちですが、前面道路の反対側地域が中高層住居専用地域に該当しているような場合には「数年後にいきなり目の前に高層マンションが・・・」ということも考えられます。


こうした建物の高さの違いだけでなく、用途地域が違えば建物の種類(住宅・工場・店舗など)も変わってきます。

また、敷地が用途地域をまたいでいる場合、それぞれの面積に対して該当する建ぺい率、容積率の計算で規制されますから、詳しくは不動産業者によく確認しましょう。

ですから、土地・建物物件資料には低層住居専用地域と書いてあっても、物件周囲の用途地域も確認しておくことが重要です。

それでは、自分で周囲の用途地域を確認するにはどこで調べればよいかというと、対象物件を扱っている不動産業者に聞けば大概は調べてくれますが、最近では市・区のホームページ上で公開しているところもありますから、調べてみてください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/495-dbe58b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。