家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅保険商品が充実HOME > 資金計画 >住宅保険商品が充実
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅保険商品が充実
3_49906_90x90.jpg
最近は、住宅保険商品の内容が充実した商品がふえてきました。

今までは、住宅が火事などの災害を被った場合に、火災保険や住宅総合保険に加入している方は、支払われた保険金で住宅の再建築や修繕を行うことができますが、加入する保険の支払方法によっては支払保険金ではまかなえないで不足分が生じてしまうことがありましたよ。

これでは、せっかくの保険もあまり期待できません。

保険の支払方法には時価契約(時間の経過と共に建物価額も一定割合で減価されて下がるものとして評価する契約)と新価契約(再建築するために必要な価額を算定)があります。

でも最近は、時価契約の不利益のをなくすために、新価契約が主流になっていますよ。
ただ新価契約でも、物価急上昇時期などは建物の再建築費用をカバーできないことが起こり得ますから、物価上昇・下落時にも対応できるように建物の評価額を超える保険金額でも契約できる商品もあります。

また、契約時の保険金額を建物の評価額とみなす「評価済み」契約にして物価変動に左右されない保険が出てきました。

さらに、追加保険料を支払うことによって、被災時に火災が起きにくい設備(IHヒーターなど)が贈られたり、再建築価額が保険額を下回った場合は特約で再建築価額との差額の最大1.3倍までを埋める保険、算定された再建築価額に、保険加入者が上下30%の割合で保険金を増減できる保険など、従来の火災保険や、住宅総合保険にとらわれない新しい形の保険が出てきています。

このように民間の保険でも保証の選択肢が選べる内容のものが登場しました。
保険と言うと内容が複雑でよく理解できないと言う方もいますが、一生に何度もあることではありませんから、将来を見据えたライフプランニングをして、保険も含めた住宅計画をしっかりと進めてください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/505-caa4ac62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。