家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >長期優良住宅の問題点HOME > 家づくりノウハウ >長期優良住宅の問題点
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

長期優良住宅の問題点
ftyy.jpg
今年の6月から始まった長期優良住宅の制度も、巷に広く知られるようになったみたいですね。

長期優良住宅の認定は、個人で申請する場合のほかに、長期優良住宅普及促進事業と長期優良住宅先導的モデル事業とがあります。

ただし、長期優良住宅先導的モデル事業は提案審査による認可事業なので、どの業者でも出来る訳ではありません。
一般的には、個人申請の場合か、長期優良住宅普及促進事業参加業者の物件購入が対象になります。

これまで、長期優良住宅に関しては、「長期優良住宅設計基準」
「3つの長期優良住宅」 「長期優良住宅の優遇措置」とポイントをまとめてきました。

この制度を簡単に説明すると「いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う」ということで、大変に良い制度ではありますが、現時点では今後トラブルも考えられる、大きな問題点も含んでいます。


それは何かというと、図面審査するだけで、長期優良住宅に関する現場検査は1回も行わないことです。

もちろん、中間検査制度を設けている行政では検査時に確認出来ますが、耐震に関する部分だけで、その他多くの項目の確認は完了検査の段階では隠れてしまって何も分かりません。

ですから、この制度は申請をしただけで「長期優良住宅」の認定がとれてしまい、申請内容通り施工したかどうかの検査は何もないし、施工に関する写真提出の規定すらありません。

住宅行政側が関与するのは図面審査のみで、正しく施工しているかどうかは、その住宅会社の施工管理次第なのです。

このようなシステムで、本当に良い「長期優良住宅」が出来るのか、疑問にすら思います。
例えば設計は外注(図面と申請まで)などで、現場は設計士は関与しないというシステムの会社も非常に多くあります。

申請上の設計図は立派な長期優良住宅でも、施工上で長期優良住宅の工事に必要なことをしていなかった場合や、意図的に・・・・・ということも十分に考えられるのです。

この問題は業界で多くの専門家が指摘していますから、今後改良されるかも知れませんがトラブルで泣く人が出ない内に検討していただきたいものです。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/508-d32ac08b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。