家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >瑕疵担保保険の疑問HOME > コラム >瑕疵担保保険の疑問
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

瑕疵担保保険の疑問
hjk.jpg 10月1日から施行された、「住宅瑕疵担保責任保険」の検査物件を設計施工監理しています。

建物現場検査は、任意保険時代から「JIO」と契約していますが、住宅瑕疵担保責任保険よりも任意保険時代の方がはるかに検査内容が濃かったといえます。

任意保険時代の「JIO」の検査は「基礎」「構造検査」「雨仕舞」「完成」と4回行われましたが、義務制になってからは「基礎」「構造検査」のみです「10年間の構造体と雨漏れに対する保証」と歌っている割には、雨漏れに対する検査項目は特になく「構造検査」の時点では、「雨仕舞」検査工程までは現場が進行していません。

いかに保険に入っているからといって、雨漏れするような家には入居したくありませんよね。
なぜこのようなシステムになってしまったのかというと、現在「住宅瑕疵担保責任保険」の業者は5社認可されていますが、国の建築関連役人の天下り団体である(財)住宅保証機構の検査に合わせさせられたと言うのが実態でしょう。

(財)住宅保証機構は、任意加入時代から検査は2度しかありませんでした。
そのため、任意保険時代から瑕疵担保保証を大切に考える業者は、検査の厳しい「JIO」などを選択したのです。

検査終了後、検査担当員と雑談しましたが、「任意加入時代はJIOが保証しますから、社内検査規定が細部にわたって決められていましたが、義務化されて検査基準は簡単に統一されましたから楽になりました」との話です。

「でも、雨漏れ補償が10年あるのに、検査がなくなったのはどうお考えですか?」と問うと、「うーん・・・・お役人組織に合わせるほか・・・・法律で決まったことですから」と困たような答えでした。
保険が出来て、保証対象工事検査より「瑕疵を犯す業者の対応が出来る」ことが、最優先にされているようです。

結局、保険金を払って「住宅瑕疵担保責任保険」に加入しなければいけないのですが、本当の意味での瑕疵担保責任は、「施工業者の良心」に頼るほかないようです。

良心的な業者なら、工期中も引き渡し後もお施主さんとは「顔の見えるおつきあい」なのはあたりまえのことで、ちょくちょく訪ねていくこともあれば、まして施工上の不具合を無償で修繕するのは当然のこと、「わざわざ法律で決めることでもないのに・・」と思っている業者も多いでしょう。

世の中全体が年々、不信感や「何かあっては困る」というリスク感覚を尖らせていますよね。

瑕疵もなく、お施主さんとの関係性がしっかりできていても、瑕疵を犯す業者の補修費用に充てるために保険料を払わなければならないとは、おかしな世の中になってきました。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/511-891be14f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。