家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >リフォーム定価システムHOME > リホーム >リフォーム定価システム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

リフォーム定価システム
ffsa.jpg
昨今の住宅業界の不況とはうらはらに、リホーム業界が活況を帯びています。

特に長引く先の見えない不況からか、新築計画予定が中古購入リフォームへと転換する方が増えているそうです。

そんなリホームの中で、特に目を引くのが「定価システム」といえますよ。
この「定価システム」の原型は、住友不動産が「新築そっくりさん」として商品化し、大ヒットしたのがきっかけです。

発売当初は「現場の詳細状況を確認しないで、おおよその金額を提示するのはおかしいのでは・・」といった意見が大半でしたし、私もそのように感じていました。

しかし、最近では東急ホームズ、三井ホームリモデリング・・と追従するハウスメーカーも増え、工務店の代表格ともいえる“匠の会”ですら、300万円パック、500万円パックとかということでパッケージで売り出しています。

専門化の立場から考えると、前述のように「現場の詳細状況を確認・・・」と考えがちですが、一般消費者は、定価システムの方がわかり易く、事前に金額が見えることで安心ということのようです。

そこには、リフォーム専門店や工務店があるが、どんな工事をしているかわからないし高いのではないか、一度相談したら、大変なことに・・・といったリフォームへの不信感があると思われます。

このように考えると、町のお寿司屋さんも時価などがあっていくら請求されるだろという不安もあり、一皿いくらの回転寿司店がにぎわっているのと同じではないでしょうか?

定価システムリホームも、商品の仕様グレードで金額が決まっていて、面積(㎡)を掛ければ目安の金額が出ます。

このような計算でのリホーム工事の場合、現場サイドでは工事をしてみないと損得の計算が具体的には見えませんから、金額を少し高めに設定し数をこなすことで利益を出していく方法です。

ですから、地場の中小工務店では足を出してしまう場合もあり、数をこなす大手リホームメーカーの仕掛けとなっています。

それでもリホーム受注が伸びている「定価システム」は“わかりやすさ”がキーワードになっています。 住宅業界もこだわった注文住宅と、わかりやすい簡単な住宅とに2極化されつつあるのかもしれませんね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/514-3f7dbde3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。