家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >FSC認証材HOME > 住まいの情報 >FSC認証材
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

FSC認証材
mggk.jpg
FSCとは Forest Stewardship Council(森林管理協議会)の略称で、森林及び林産物の認証機関の評価・認定・監督を行なう非営利の国際組織として、1993年、メキシコにおいて設立されました。

森林管理の改善、森林にダメージを与えることなく森林資源を有効に活用する、過度の伐採を忌避するなどを骨子としてさまざまな細かい既定が定められており、申請を希望する者は検査を受けてそれらを遵守しているかチェックを受けたのち、認定を受けるしくみになっています。

カナダのブリティッシュ・コロンビア州をはじめ世界各地で行なわれている無秩序な森林の伐採をくいとめ、森林を適性に管理して永続的に保持していくことを目的としています。

FSC認定を受けた森林から伐採される木材にはFSC認証マークがつけられ、製材メーカーは「FSC認証材を製品化する国際基準」の認定を取得して、このFSC認証材を加工し、そうして初めて、完成した製品にFSCマークを表示することが可能になります。


現在、木材は流通経路が非常に複雑で、製材メーカー、小売業者とも原産地がどこの木材かを把握するのは難しいのが現状ですが、このFSC認証を取得していれば、どの山から切り出された木材がどのような製品となったかの道すじが、書類によってきちんとたどれるようになっています。

現在ヨーロッパ、北米、中南米を中心として2千万ヘクタール以上がFSCで認証されているが、日本でも三重県の速見林業、高知県の梼原町森林組合などを筆頭に、今後認証の動きが広がっていくことが期待されています。

また、コンビニの「ミニストップ」が、国内の商業施設としては初となる、FSC認証を受けた国産材を100%使用した店舗を出展しています。

国内初! ミニストップが国産FSC認証材100%使用の店舗を出店

木材は全て国産のFSC認証材を使用し、特徴的なのは、木材だけでなく施工プロセスまでFSC認証を受けているます。
FSC認証材を一部に使った例はあるものの、施工プロセスまで含めて、建物全体がFSC認証を受けるのは、国内の商業施設では初めてで、鉄骨を使った従来の工法と比べて、33%の二酸化炭素(CO2)排出削減が可能です。

FSC認証のマイ箸販売、蛍光灯と比べて消費電力量の少ないLED照明の導入、カーシェアリングサービスの開始など、環境対策に積極的なミニストップが、また新たな一歩を踏み出しました。

FSCマークは、森林環境保全に配慮し、地域社会の利益にもかない、経済的にも継続可能な森林管理を推進する国際機関として、同機関が定めた生産・加工の基準をクリアした木材や製品にはFSCマークが付けられます。

FSCマークが入った製品を使用することにより、違法伐採などの木材を避け、適切な森林管理を行っている森づくりに貢献、参加することになります。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/516-79dbccda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。