家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >床面積と施工面積HOME > 家づくりノウハウ >床面積と施工面積
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

床面積と施工面積
hhvn.jpg
皆さんは住宅会社のパンフレットを見ると、床面積(㎡)と言う表示のほかに、施工面積(㎡)という表示を見たことはありませんか?

床面積とは、建物の外壁中心線で囲まれた、それぞれの建築階数の合計面積で、吹抜けや、バルコニー、玄関ポーチ、テラス。ウッドデッキ・・・などの付帯するする部分は床面積計算には含みません。

また、床面積は建築の申請や登記などの基準となる数値ですから、統一された計算で求めます。

それに対し施工面積は、基本の床面積に吹抜けや、バルコニー、玄関ポーチ、テラス。ウッドデッキ・・・などを追加した面積ですから、住宅会社のどこまで表現するかの判断で決められ、統一された計算式はありません。

住宅の場合は、概算金額を捉えやすくするために、坪単価で表現されますから、金額は面積に左右されます。

「床面積が法的な基準なら、施工面積表現なんてなくてもいいいのでは?」と思いますよね。



それでは何故、施工面積表現がパンフレットやチラシに乗っているかというと、「坪単価」を安く見せる対策なのです。

例えば、床面積132㎡(40坪)の家で、坪単価 50万のなら2000万円ですが、同じ建物で上記のような施工面積が、5坪あれば、合算して施工床面積 45坪で2000万円ですから、坪 44.4万円となります。

床面積と施工面積 どうです、だいぶ坪単価表現が変わって、いかにも安い価格で出来ると感じてしまいますよね。
この方法は、どちらで表現しても仕上がりは同じ建物でも、消費者に安いコストとアピールするのに利用されます。

ですから、以前から言っていますが、「坪単価」はあくまでも目安金額なのです。
特に、屋外給排水などの土地条件で変わる金額は、通常は坪単価にふくまれまず、別途見積もりとなっています。

特に別途見積もりの屋外給排水工事金額は要注意で、私の知っている例では、同じ土地建物の条件で、屋外給排水工事が4社で70万円~200万円まで差があったことがあります。

ですから、住宅見積金額は、床面積表現方法や、一般的な坪単価に関係なく、生活出来るまでの全ての工事を含んで総額いくらなのかを捕らえて判断することが大切です。

わかりやすくいえば、施工総額を床面積で割ったものが「本当の坪単価」です。
ですから、着工前の坪単価は目安でしかなく、安い表現ほどトリックがありますから要注意です。

「○○ホーム、坪28.5万より・・」などに感心してその気になると・・・・?ですから注意しましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/518-4e96ab28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。