家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >バリアフリーリフォームHOME > リホーム >バリアフリーリフォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

バリアフリーリフォーム
oph.jpg バリアフリーリフォームは、体の障害の場所や程度(介護保険要介護認定など)によって、様々なパターンが考えられますが、おおきなポイントは車椅子が必要なのか否かです。

車椅子が必用であれば、廊下や水廻りなどは、出来るだけ広い空間を確保し、必要なければ、床の段差をなくしたり、通路部分の手摺などがポイントとなります。

それでは、室内各所でのバリアフリーリフォームのポイントをまとめてみます。

<玄関、出入り口、廊下、通路>

車椅子を使用しない場合は、玄関に靴を履く為に腰掛ける部分を設置し、その近くに体を持ち上げる助けとなる手摺を設置します。
手摺を設置する場合は、通路スペースの確保と使う人に合わせた手摺高さの設置がポイントとなります。

車椅子使用の場合は、玄関はスペースが広く取れない例が多いので、その場合は段差解消機を設置することが、一番スペースを有効に使える方法です。玄関に限らず、他の出入り口での段差解消ができれば、そちらでの設置も検討しましょう。

玄関、廊下、通路のバリアフリー化は、狭い場所が多いので、手摺などをつけることで、日常の生活動線に影響を与えないようにすることがポイントです。
また、移動に伴うバリアフリーリフォームは、現在車椅子を使用しなくても、将来の使用を見越して計画することも大切です。

<浴室・洗面所・便所>

浴室・洗面所・便所のバリアフリーリホームは、広いスペースの確保が最優先となります。
リフォーム前の浴室・洗面所・便所は、間取り計画で坪数を抑えるのに、極力小さな面積に作られているのが一般的ですから、バリアフリー・リホームを行なおうとすると、水廻りの面積不足が問題となってきます。

それに、ここでも車椅子を使用する場合と使用しない場合では、水廻りのリフォームポイントも変わってきます。
車椅子を使用する場合、浴室・洗面所・便所を一つにまとめ、出来るだけ動きやすい空間を検討することです。

例えば、3つの部屋の壁、ドアを無くし、車椅子で動ける配置で浴槽や便器を設置すると、意外に広い空間を確保できるので、バリアフリーに対応したスペースを確保できます。

浴室・洗面所・便所の位置が元々一箇所にまとまっていない住宅も多いでしょうから、バリアフリー・リホームをする際に、一箇所にまとめる検討も必要でしょう。

車椅子が必要ない場合のバリアフリー化リフォームのポイントは、水廻りに手摺を設置、浴室の入口の段差を解消、和式便器であれば洋式便器に変更して手摺を設置などになります。
また、タイル施工の浴室であれば、洗面所からの床の段差が無い、バリアフリー対応タイプのユニットバスにリフォームすることをオススメします。

<台所・食堂・個室>

これらの各室のバリアフリーのポイントは、出入口のバリアフリー化です。
出入り口の建具は、軽く簡単に操作できることが大切で、理想は大きな引き手をつけた、軽く動く引き戸です。

また、各居室での移動空間にも、手摺などの補助器具が必要と考えられる場所には設置し、出入り口、室内の床の段差はなくすことがポイントです。

なお、バリアフリーリフォームをするにあたり、介護保険制度を利用する場合は、「介護保険制度の利用」を参考にしてください。



  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/519-d79531db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。