家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地探しの難しさ。HOME > 不動産の知識 >土地探しの難しさ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地探しの難しさ。
ppda.jpg
先日知人の不動産会社の事務所を訪問したら、土地相談の来客者がいて「いやー、土地探しは本当に難しいですね」といっていました。
その方に限らず、土地を探している方は、同じ心境ではないかと思います。

なぜかというと、土地は、一からつくる建物とは違って「ある」ものの中から選ぶしかないし、情報入手と同時に他の購入希望者との競争になったりして、初めての経験の方が多いですから、「難しい!」と感じられるのも当然といえば当然でしょう。

その方の話ですと、希望するエリアを絞り込み「毎日何回も不動産情報サイトをクリックしています・・・」との話、しかし、タイミングが悪く希望に合う土地は売れてしまったり、希望外の建築条件付だったりでなかなか決まらないとのことでした。

でも、この方のように、ネットで検索するほかに、不動産屋を訪問して調べる方は、意外と少ないのです。

どうも一般的なイメージで「不動産業者=怖い人」というイメージがあるようで、土地探しを始めて間もない頃には業者への問い合わせを躊躇される方も多く、チラシやネット検索でじっくり選び、自分の納得する物件があったときに初めて不動産業者に問い合わせをする方が多いみたいです。

でも、その時点では手遅れで、他の方が先に購入・・・という経験はありませんか?

上手な土地探しは不動産屋を訪問し、自分の条件を提示して相談することなのです。

なぜなら、ネットやチラシ上に不動産物件数は星の数ほど載っていますが、実際には、それ以外にまったく一般公開されていない物件や、不動産業者のホームページ上にしか公開されていない物件もあるのです。
それに、だれもが欲しがるような優良物件は、宣伝広告費などかけずに、不動産業者の方で優良な顧客のみをいつでも選別できるように一般公開されない場合もあるのです。

確かにインターネットは、低コストかつスピーディな情報公開手段ですから、業者の抱える物件情報のほとんどが何らかの手段でネット上に公開されていると考えていいと思います。

ただし、ネット上では相手の顔が見えませんし、土地の状況も、表示されている数値だけの判断では、現実の状況が見えない場合が多いのです。

積極的に不動産業者を訪問することで、ネットに乗っていない「訳あり物件」「変形土地」などが、意外とあなたにとって「お宝物件」だったりするかもしれません。
また、他の不動産業者の物件を仲介したりもしますから、ネットに掲載されていた同じ土地でも、ネット上ではわからない別角度からの情報が入ってきたりします。

前述の方は、相談に訪れて一週間程度で「永住の地」が決まったそうです。
さあ、「土地探しは難しい!」とネットとにらめっこしながら嘆いていずに、積極的に不動産屋を訪問しましょう。
あなたが、思っているほど不動産業者は怖い人でありませんから、上手に利用しましょうね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/521-2d93d7d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。