家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家づくりの不安HOME > コラム >家づくりの不安
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくりの不安
qeei.jpg
誰でも家づくりに望むにあたって不安を感じることがあると思います。

まず、家づくりは何から始めたら良いのか?、どこに仕事を頼むか?どのような建物に・・と不安になることが次々と訪れると思います。

そもそも、家づくりは学校や会社でも教えませんし、ましてや親も教えてはくれません。
一生に一度の大仕事なのに、あるのはハウスメーカーや業界関連の顧客誘導情報ばかりです。

「失敗しない家づくり」なるキャッチフレーズをよくみかけますが、失敗しないかどうかはわかりませんが、どこかの関連業者に導かれるのは間違いないのです。

でもこのように考えると何も決まらず先へ進めませんし、住宅業者を決めないことには家づくりがスタートしません。

それでは、不安を抱きながらも家づくりをスタートするには、どのようにしていけば良いのでしょうか?
短時間に住宅雑誌を読み漁り、ネット情報などを収集しても、しょせん「つけ刃」にしかすぎません。

やはり、安心を得るには、信用できる専門家が身近にいることではないでしょうか?

それでは、専門家とは誰のことかと言うと、あなたが出会う住宅業者の中から頼りになる専門家を探すことなのです。
家づくりの最初の工程で出会う営業マン、この営業マンの相性なども大切ですが、資金計画や住宅ローン、商品知識・・など営業のプロとして信用できるかどうかの判断基準が大切になります。

工務店などだと、立派なホームページや展示場などなくても社長の営業力・人柄などで、仕事を確保しているところは大変多いのです。
そのような工務店の社長の営業とは、家づくりの専門家として、いかに信用を勝ち取るかにかかっているのです。

また、HMでも工務店でも必ず設計士はいますから、わからない点は質問し、疑問の点は問いただし、興味のあることは調べてもらい、・・・と、仕事で出会う専門家ですから大いに利用すれば良いのです。

よく、仕事上で疑惑や問題が発生すると、当事者間で問題を解決しようとせずに第三者に相談してしまう方がいますが、それでは常に不安が同居した家づくりになってしまいます。
まずは、当事者間で話し合うことが、お互いの誤解などを解消し、より親密な関係を築いていけます。

最近は、展示場、ホームページ、パンフレットと「いたれりつくせり」の状態でないと、良い業者ではないという勘違いした判断をする方がいます。

いくら、そのようなシステムが立派でも、家づくり自体は、何もないところに、多くの人間が知恵を出し、汗をかいて造って行く協同作業なのですから、各持ち場担当者の専門知識とチームワークが最も大切なのです。

このように考えて、業者や担当者の専門家意識を利用するようにすれば、大きな失敗もなく進行できます。
いくら機械化され便利な時代になっても、基本は人が設計して作っていくのですから、人と人とのコミュニケーションを大事にしましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/524-1ab9f008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。