家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >耐震住宅HOME > 家づくりノウハウ >耐震住宅
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

耐震住宅
梅
日本は地震大国です、過去の大地震で建物にも大きな被害がでました。

このような地震の建物被害に対し、さまざまな研究や実験によって、住宅においても、最近は耐震工法、免震工法、制震工法や2つの工法を組み合わせものなどいろいろな地震対策の工法が提案されています。


耐震工法

地震力に耐えられるよう、建物剛性を強化した建物床、壁の補強、基礎と土台の強化、耐力壁数値の増量などです。

免震工法

地盤から伝わる振動を少なくして建物に伝える装置を、地盤と建物の間に設置します。(大規模建築にも多く採用されています。)

制震工法

地震エネルギーを建物に取り付けた装置で吸収し、振動を軽減させます。

その他の工法

地盤そのものを地盤改良により地震力を吸収し、振動を吸収します。(免震工法の一種です)

   → 地盤感知工法 コロンブス

耐震工法は建物構造体の強化ですが、免震・制震構造は装置を使い、地震に対応しますので、効果は大きいですが金額は高いです。

   → 免震・制震工法の比較

■ 木造への不安

先日、あるサイトの質問コーナーでこのような質問がのっていました。

「瓦屋根、木造、日本家屋は危険だというのになぜ製造中止にならないのですか」

質問に対し専門家らしき人たちが、過去の危険な木造と現在の耐震制度の違いなどを熱く回答しておりました。

私は専門家の立場から回答するよりも愕然としてしまい、サイトを閉じてしまいました。

あまりにも短絡的な発想ではではありますが、考えさせられる質問ですね。

現実に過去の大地震では、家屋の倒壊で多くの犠牲者が出ましたよね。

このような、質問が出る背景には日本人が木造建築の歴史の認知不足や、住まいにおける木造体験が少ない世代が多くなってきたと思われます。(RCアパートでの生活など)

木造建築には、仏教建築、城、武家屋敷、豪商・豪農屋敷などの建物は何百年の風雪、地震に耐え残っている建物は多くあります。

現在の合板と工業2次製品で出来た家は木造家屋ほどの歴史はないですが、望むことすら無理でしょう。

反面、庶民の家は江戸時代の長屋(あばら屋)にも見られるような住まいが一般的でした。
現代においても、戦後の高度経済成長以後の住宅ブーム当初は木造本来の工法を捨て、販売競争で構造材の縮小、工期短縮を目指し、住宅表面のイメージアップのみに力を注いで来たのは現実です。(これは在来工法にかぎらず、初期プレハブメーカーも同じです)

地震の洗礼

昔の建物は現在のような布基礎ではなく、ろうそく基礎といわれる基礎石に束を立て床下は解放さていました。
このような構造は地震により、建物が足元からゆがんでしまうので、建築基準法で住宅は布基礎が義務化されています。

過去の大地震ごとに、耐震規定が定められてきました。
私の記憶では、宮城沖地震(1978年)以後,在来工法の筋交い計算が制定されたと思います。
それ以前は、大工や設計者が経験のみで筋交いの位置や数量を決定していました。

また、阪神大地震でよりいっそう耐震規定が厳しくなっています。

現在の在来工法は、根太を使わず厚合板によって、地震水平力に対抗する剛床構造や、鉛直力による柱の引き抜きを防止する構造金物工法など多種変化しています。

五重塔 ■ 古来の耐震工法

日本には、世界に誇れる耐震(制震)工法があります。

五重塔(三重塔)は「柔構造」の理論を用いており、超高層ビルの理論と同じです。
中国、韓国にも同じような塔がありますが、構造は異なります。

幸田露伴の「五重塔」のモデルとなった東京谷中の五重塔は、放火により焼失しましたが、関東大震災にも耐えました。

また、全国には地震国でも多くの五重塔(三重塔)が現存しています。

そのメカニズムは、詳細模型で耐震強度実験を行っても未だに明らかされません。

最近、在来工法で制震装置を検討した住宅のプランニングをしました。
私のプランがまずかったのか耐力壁と制震装置の壁で、かなり閉鎖的なプランとなってしまいました。 施主は、「いつ起きるかわからん天災より普段の生活重視」ということで再検討しています。

地震に対する商品は、各企業の研究で多種の商品が出回っていまが、効果が高いほど価格も高くなっていますね。

地震王国日本です、住まいに対しても国家的政策で研究を進めるとか、補助金制度も地方自治体などで耐震診断による制度はありますが少額です。補助制度の充実などの検討が望まれますね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/53-ac50704c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
優れた吸着力と衝撃吸収力【地震・災害対策 地震・水害対策】 ゲルニックgベース<...
2008/03/11(火) 14:12:01 | 地震って気になりませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。