家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >リフォームのパック料金HOME > リホーム >リフォームのパック料金
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

リフォームのパック料金
tope.jpg
リフォームのパック料金表示がチラシなどで、標準化されてきましたよね。

「1棟まるごとリフォーム、坪25万円から」とか、「水廻りのリフォーム、便器取り替え15万円より」といった表示でわかりやすくなっています。

リフォームといっても消費者は、いったいいくら予算がかかるのか不安です。
その不安を解消するのに、わかりやすく表現するのは大歓迎です。

しかし、実際にはその料金の枠内でリフォーム工事が収まることは、ほとんどないのですよ。
多くの場合は個別に追加工事などが発生して、最終的に支払う工事費は高くなりがちです。

なぜでしょうか・・? 私も、リホームの設計や施工の経験がありますが、リホームを検討する建物の多くは、実際 に壊して見ないとわからない部分が多いのです。

見積もりのために、事前調査しますが、それでも床を壊したら思わぬ所の土台が腐食していたり・・というような、 その場で判断しなければならない工事も出てきます。(特に水廻りの土台です)

このようなことから、今までのリフォーム見積もりは、新築などに比べて坪単価は「割高」となっていました。

また、リフォーム工事は壊して問題が発生した場合、施主は住んでいて常時見ていますから、中途半端な対応や仕事 は出来ないので、見積金額も「見えない含み工事」も考え割高表示になりがちなのです。
このように、現場を調査して、見積を作成しても予定通りいかないのがリフォーム工事なのです。

このように現場を詳細に調査をして、詳細見積もりを出すほど「リーフォームは高い!」というイメージを与えてし まいます。

そこで、新しく考案されたのが「パック料金表示」なのです。
ですから、パック料金表示は前述のように、工事ポイントを絞り低料金での集客効果を狙ったもので、実際は「水廻りのリフォーム、便器取り替え15万円より」なら、その他に床の張替えや、排水パイプの接続関連工事など、リホーム状況に応じて様々な追加料金がかかってきます。

知人のリフォーム業者の話では「10万円のパック料金で受注しても、現場にいって取り合い工事や、パック料金以 外のリフォーム箇所を探して営業すると、たちまち50万円くらいの仕事になりますから・・」と言う話でした。

早い話が、一見、消費者に親切に見える「パック料金表示」は、低料金で集客し、現場で積み上げていくリフォーム 業者の儲けの道具でしかありません。
どこかのローコストメーカーの「集客用低額坪単価」と同じようなシステムですよね。

ですから、パック料金はあくまでも目安金額と考え、契約前に実際はいくらほどかかるのか確認してください。
無理やりパック料金で収めようと交渉すると、古い在庫品を使い回しされたり、目立たない部分で工事の手を抜かれ たりするおそれもあります。

リフォーム工事もやはり、複数の業者に見積りを頼み、つまり正攻法の見積書で内容を確認をして発注することを おすすめします。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/530-18f6c644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。