家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >頭金と自己資金HOME > 資金計画 >頭金と自己資金
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

頭金と自己資金
azaz.jpg
家を建てるときに、頭金と自己資金は同じものと思っている方もいますが、チョッと違います。

住まいを建てたり買ったりした時には、建築費や購入代金の他にさまざまな諸費用がかかります。
税金やローン関係費、保険料、その他の手数料・・と建築費や頭金以外に諸費用分も予め用意しておかなければならないですから、自己資金とは、頭金と諸費用を合計した金額ということです。

意外とこのことを知らずに、家を求めようとして始めて自己資金が全然不足しているのに気づく方もいますし、始まってしまってから資金繰りに走り回る方もいますから注意しましょう。

それでは頭金はいくら用意すればいいのというと、一般的に「頭金は価格の2割」といわれていますが、数字の根拠は曖昧で金融機関の融資限度額が担保評価額の8割になっていることが多いことから言われてきました。

でも最近は8割以上でも融資してくれるケースも多くなり、「頭金0でもOK」といった物件も多くなっています。

しかし、こうした数字には惑わされやすいですから、自分が本当に必要な自己資金はいくらかを考えると、「頭金」から出発してはいけません。

まず、あなたがいくらまでならローンを確実に返済できるかを割り出し、その金額をベースに、購入したい物件価格との兼ね合いで必要な自己資金を計算してください。

自己資金のうち、「いくらを住宅購入の頭金に充てればいいのか」と悩むかたも場合もあるでしょう。

それには2つの考えがあり、自己資金から諸費用分を除いた全額を頭金に入れるやり方と、返済能力の範囲で可能な限りローンを借り、頭金を減らして手持ち資金を少し残しておくという場合があります。

収入が安定しない場合は、前者のほうが賢明でローン負担を減らしておけば収入の変動に対応できます。
逆に後者は、公務員のように収入が安定している人向きといえます。

住宅ローン破綻問題が大きくクローズアップされていますが、最も危ないのは返済もギリギリで手持ち資金も残らないタイプです。

現在は「不動産価格の低下」「低金利」「住宅優遇政策」と史上例のない3拍子そろった、住宅購入への風が吹いていますが、いかんせん経済状況はどん底、先行きすら見えません。

「今は家が買い時です、頭金Oで家賃並で買える家がありますよ。」といった、すぐ飛び付たくなる情報がゴロゴロしていますが、「計算して返済もギリギリで手持ち資金も残らない」といった場合は、無理をせず購入価格を見直すことを考えてください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/544-df5c9932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。