家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >え!バックマージン?HOME > コラム >え!バックマージン?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

え!バックマージン?
mjji.jpg
家を建てる人を業者に紹介すると、紹介者にバックマージンを払うと言う話を聞いたことはありませんか?

以前はよく聞いた話ですが、ここ数年あまり聞きませんでしたが、不景気を反映してか施工会社紹介を専門にする会社や第三者機関が増えてきたそうです。

「おたくは、いくらバックマージンを払うの」「あそこは5%は払ってくれるよ」というような話が聞こえてくるようです。

当然にバックマージンが発生する仕事なら、紹介を受けた建築業者はバックマージン代を見積もりに上乗せします。
中には、5%どころか10%も出す所もあるそうです。
仮に3000万円の家で10%のバックマージンなら300万円です。

いかに受注が減っているとはいえ、結局しわよせは消費者に返ってくるのですからとんでもない話ですよね。

ビジネスの上では紹介に対してバックマージンは正当な報酬かもしれません。

私も紹介に対し、10万~20万程度であれば正当なものと考えます。
しかし、あまりにも節度がない金額といえるのではないでしょうか?

バックマージンを払う業者は一部の業者と言うわけではなく、業界全体にいえるのです。
大手ハウスメーカーであろうが、営業所サイドの方針でいくらかのバックマージンを払って集客をしているのは、業界人なら誰でも知っていることです。

逆に工務店などは、そのようなお金を払う余裕がないので、その点でもハウスメーカーにたちうちできません。

「この業者は仕事がしっかりしていますから紹介しますよ」と、親切心でいっているのかと思ったら、裏でバックマージンをもらっているのかも知れません。

特に注文住宅は、内容に応じた見積もりですから、対応はどのようにでもなります。
業者はそれをオープンにしませんから、お客様は見積価格+マージンまで払っていることになりますよね。

現在は、民間の住宅相談機関や、ネットでの家づくり相談なども多くありますが、中には情報を住宅会社に流して、相談報酬以外にバックマージンで儲けている業者もいるそうですよ。
こうなると、何を、誰を信じてよいのかわからなくなってしまいます。

それでなくても高いと言われる日本の住宅、これではいつまで経っても安くならないですよね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/552-d8f30dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。