家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >暖房設備は何が良いHOME > 家づくりノウハウ >暖房設備は何が良い
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

暖房設備は何が良い
vtto.jpg
毎日寒い日が続きますね。
このような季節柄なのか、「床暖房設備は何がお薦めでしょうか?」という質問が届きました。

投書の方は、日本海側の寒冷地の方です。

床暖房で現在普及が伸びているのは、エコキュート床暖房です。

エコキュート床暖房は、イニシャルコストもエコキュートと床暖房を別々に買うよりも安く済みますし、ランニン グコストもガスの3分の1程度で済みます。
ただし、使用時間が長すぎると湯切れの心配があります。1日8時間くらいまでの使用でしたらお奨めでしょう。

また、電気ガス共に常に熱しているタイプの床暖は、ランニングコストが上がるため避けてるうちに使わなくなっ てしまうなども実際に多いようです。

深夜電力のメリットを生かそうとする場合は土壌蓄熱式床暖房などもあります。

私は、床暖房とは違いますが、寒い地域では蓄熱暖房器をすすめています。

蓄熱暖房器は24時間暖房のため、朝起きたときからほんわか暖かいので、寒い朝でも快適ですよ。
そのため、昼間の在宅時間が長い場合にはお奨めです。

ただし、機種の選定で蓄熱量の計算や、温度設定を間違えると、夜熱が足りなかったり、昼間暑くなりすぎたりし ます。
適切な容量はメーカーに間取り等を見せて確認しましょう。

また、オール電化にすると夜間の電気代は大幅割引ですが、昼間の電気代はやや高くなりますからライフスタイル に応た使い方を考えてください。

暖房設備は、床暖房・蓄熱暖房にしても、設備投資がけっこうな金額になります。
例えば一日中使用するのでイニシャルコストもランニングコストも安くしたい場合、灯油式の「ホットマン暖房」 などもおすすめです。

排気ファンを屋外に置き、配管チューブで器具設置位置まで配管し、コンセントのように接続しますから室内にい やな排気はなくなりますし、暖房熱は床を掃くように噴出しますから、足元から暖かいですよ。

暖房設備は冬季における、必須アイテムですから十分検討して対応してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/556-d27b31f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。