家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >建築工期HOME > 建築現場 >建築工期
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

建築工期
kentiku27_90x90.jpg住宅建築の工事工期は、建物の工法、仕様、規模などで違ってきます。

過去の建物は、工期に半年以上かけるのもありましたが、現在は、どの工法も工場でのプレカット化が進み大幅に短縮されてつつあります。

また、資材の高騰・現場人件費節約の面と、資金回収、回転率アップの面から工期短縮は今後よりいっそう各社で研究され進んで行くでしょう。

しかし工事現場では、いまだに完成間近に大量の資材と職人を投入し、工期の帳尻を合わせる現場も見受けられますね。

このような突貫工事は、良い建物にはなりませんよ。

建築工事は、仕上げ工程以前の下地工事の確認、点検、や設備工事の配管、配線の確認、点検が不十分の時点での器具設置などは、クリーニングして引き渡される当初はとてもきれいで問題なく見えますが、住んでからいろいろと問題が発生してきます。

業者は手抜き工事の意識はなうても、次の工程業者から工期のために工事を急がされ、確認不十分なまま工事が進行している場合が多いのです。

業者側から提出される工事工程表は、余裕日も想定してますが、基礎工事や外部作業時期の長雨などの悪天候によってもこのような状況は発生します。

大工工事が完了し、仕上げ工事(内装、設備など)に入る時点で、業者と工程の再確認をする必要があるでしょう。

契約書を意識して工期厳守を言い過ぎたり、また業者は延滞金を意識してこのような結果になる場合がありますよ。

一生に何度も出来るマイホームではありません。仕上げ工程は余裕を持って再打ち合わせするくらいの心構えでいたほうが良い家になるでしょう。

特に基礎工事の工期は大切です、文字どおり建物の「基礎」です。

建物の規模や形状、工法によっても工期は違ってきますが、一般的には2~3週間は必要です。
特に冬季は、コンクリート養生期日(コンクリートの種類によって異なる)が延びます。

業者への工程確認は、「基礎工程」 「組立・下地・木工・外部工程」 「仕上げ・設備工程」と3種類にわけ余裕をもった目で対応したほうがよいです。

また、工事途中による追加、変更工事を依頼した場合は、工期は必ず確認しましょう。

以上のようなことから、できれば引越し期日決定は余裕をもって検討した方がよいでしょうね。

  





   
関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/56-5c35a3e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。