家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいの夢には優先順をHOME > コラム >住まいの夢には優先順を
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいの夢には優先順を
nrtt.jpg
家づくりはお客様と家族の「夢をかたちに」する作業です。
マイホームを考え出すと「このようにしたい」「あれもしたい」「あのようにも」・・・と限りなく夢がひろがります。
特に、時代と共に家の機能もドンドン進化し、情報が無限に溢れていますからなおさらですよね。

しかし、家づくりを考え出すと「予算」「住環境」「法律の制限」・・と「現実の制約」が立ち塞がります。
どんなに「これは絶対譲れない条件」といっても、全ての「現実の制約」を満たされるはないと考えた方が良いでしょう。

「夢をかたちに」する優先順位の一番目は、「現実の制約」を確認することか始まります。

「現実の制約」を確認したら、立地・予算・間取り・面積・外観デザイン・インテリア・・・と、頭がいたくなるような検討事項が多数待っています。

ここから、あなたと家族にとって「何が特に大切か」を話あって、出てきた夢に「優先順位」をメモしていきましょう。

ここでも、際限なく夢を出してもきりがありませんから、現在のライフスタイルから将来の家族構成・ライフスタイルの変化・子供の成長・・なども考えて検討することが大切です。

例えば、子供室を可愛い柄で華やかした部屋をよく見ますが、子供が幼児の場合は良いかもしれませんが、小学校の中学年以上では、すぐ成長して多感な時期を迎えますから、子供が望んでも情緒の安定を考えたインテリア の検討も必要ではないでしょうか?
空間の色彩やデザインは、人間の心理に大きな影響を及ぼします。

一度決めたものにこだわらず、あなたの家なのですから話し合って変えてもいいのですよ。
家族で決めたものでも、「営業マン」や「設計士」の打ち合わせで、また変更すること出てきます。

このように「夢をかたちに」する項目と「がまん」する項目をバランスよく繰り返し決めていきましょう。
こうすることにより、ハウスメーカーや設計事務所などの打ち合わせにもスムーズに入っていけます。

漠然と展示場を見に行き、「あれも」「これも」と欲張った夢を膨らませただけで家づくりに入ると、「現実の制約」に直面し、最後は予算によって満足できない「妥協の住まい」になってしまいます。

優先順位を付けるということは、妥協ではなく「限られた条件の中でベストを尽くす」ことと考えます。

あなたと家族の「夢をかたちに」するためにも頑張ってください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/565-32ce5dc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。