家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅エコポイントHOME > 住まいの情報 >住宅エコポイント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅エコポイント
pen.jpg
住宅版エコポイントが3月8日から受付を始めることになりました。

以前から、「私の家は建築中だが対象になるのか?」「こういう家を造るがポイントはもらえるの?」といった 問いがネット上に多く出ており、憶測による解答や情報も飛び交っていました。私のところにも質問がありましたしたよ。

住宅版エコポイントには「エコリフォーム」と「エコ新築住宅」の2つがあり、それぞれにエコポイントを支給する内容が違っていますから注意してください。

最終的に決まった「住宅版エコポイント制度」を下に表示しますから参考にしてください。

1、エコポイントの発行対象工事工期

平成22年1月28日以降に工事が完了し、引き渡されたもの。
ただし、エコリフォームの工事着工は「平成22年1月1日~平成22年12月31日」、エコ新築住宅の工事着工は「平成21年12月8日~平成22年12月31日」となっています。


2、申請期限と交換期限(申請期限前に発行予定ポイント数に達した時は発行終了)

・申請期限 エコ新築住宅の1戸建ては「平成23年6月30日」共同住宅は「平成23年12月31日」まで、
        ただし、11階建以上の共同住宅は「平成24年12月31日」まで

・交換期限 平成25年3月31日まで

3、発行対象ポイント数(1ポイント1円計算)

エコ新築住宅の場合、次に記す「エコポイント発行の対象」に該当する住宅であれば、一律300,000ポイントになります。
エコリフォームの場合は、下のようになります。

・省エネ基準に適合する窓の断熱改修 「2,000~18,000ポイント/箇所」
・外壁・屋根・天井・床の断熱材改修 「3,000~180,000ポイント/戸」
・上記のどちらかの断熱改修と同時に、手すり・段差解消・廊下幅等の拡張を行う工事
 「5,000~50,000ポイント/戸」
 (ただし、一戸あたりのエコポイント合計は、300,000ポイントまでとなります)

4、エコポイント発行の対象

A,エコリフォームは3の「発行対象ポイント数」に記されたリフォーム工事が対象となります。

B,エコ新築住宅

1)省エネトップランナー基準相当の住宅。(木造以外)
2)省エネ基準を満たす木造住宅。

(長期優良住宅普及促進事業の補助金交付を受ける場合は、エコポイントは利用できません)

5、申請に必要な書類

1)木造住宅の場合(下記のいずれか一つ)

・住宅性能表示制度(省エネルギー対策等級4)の住宅性能評価書。
・長期優良住宅の認定通知書または適合証。
・フラット35S の適合証明書
・住宅省エネラベル(第三者評価)の適合証

2)木造住宅以外の場合(下記のいずれか一つ)

・フラット35S の適合証明書
・住宅省エネラベル(第三者評価)の適合証

6、エコポイント交換方法

交換方法は、現在まだ決まっていません。
エコポイントの交換は、住宅所有者が今後公募によって選ばれる事務局に申請します。
申請者は個人・法人・建て主・購入者の別はなく申請できます。
ポイント交換ができる回数は、住宅所有者が変わったとしても1回のみとなります。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/566-20239881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。