家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >断熱材の選択基準HOME > 家づくりノウハウ >断熱材の選択基準
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

断熱材の選択基準
dto.jpg
現在、住まいの断熱材は様々な種類や、断熱工法があり「いったいどれが良いんだ!」と頭を悩ませている人が多いのではないでしょうか?

木造住宅は長年、内断熱でしたが、外断熱(外張り断熱)の出現で、なおさら断熱材と工法の選択は混迷をきわめていますよね。

本来、外断熱はRC構造などの熱容量の大きな構造体に有効な断熱工法ですが、木造では「外張り断熱」と表現されています。
ただ、木造は熱容量は大きくありませんから、内断熱に対し決定的な有効性もなく、どちらかというと、大手ハウスメーカーの宣伝などで、イメージだけが一人歩きしたり、他社との格差付けに利用されているような気もします。

断熱材にしても、グラスウール系、発砲プラスチック系、天然素材系と数多くあり、それぞれに特徴があり、施工方法があります。

日本の住まいは、古来より吉田兼好の「徒然草」に「住まいは夏をむねとすべし」と出ているように、断熱材のない時代は、高温多湿となる夏をいかに凌ぐかという家づくりでした。


しかし、現在のように冬季の暖房、夏季の冷房をいかに効率よくして、エネルギーロスのない家にするかという、高気密・高断熱が家に求められるようになり、断熱材の存在は欠かせないものとなっています。

高気密・高断熱の家のQ値、C値といったものは、北米の寒冷地住宅で採用されたものを導入したものです。

わが国では、北海道などの寒冷地には適しているかも知れませんが、いつのまにか温暖な地帯でも高気密・高断熱の家が普及し、Q値、C値の目標数値の追求にだけ視点がいってしまい、住まいに対する通気、風通しといった、雨が多く湿度の高い日本において必要な要素が忘れられた間取りや家づくりが多く見られます。

この現象と同じように断熱材も考えてはいないでしょうか?

工法や構造に適したものを考えるのではなく、単に断熱性能が上位のものを使用すれば良い断熱工事と勘違いされていないでしょうか?

また、過去最も多く使用されていたグラスウールなどは、過去の断熱工事に対し理解のない施工のため、本来の評価よりも悪評ばかりが耳に入ってきます。
皆さんは、「グラスウールは数年もすれば、内部で結露して壁の半分くらいに縮んでしまう」という話を聞いたことはないですか?

これは、内部結露するような構造や断熱材施工に問題があるのです。
数十年前の住宅ブーム時代は、木造住宅の断熱材と言えばグラスウールでしたが、断熱材の施工の重要性がまだ理解されず、隠れてしまう部分なので実にいい加減な施工が多かったのが現実です。

私は最近、築35年の家を改築しましたが、その家も断熱材はグラスウールですが、一部浴室と洗面所壁は湿気を吸ってグラスウールが収縮していましたが、その他は、実に丁寧に施工されていて、内部結露せず、グラスウールも縮んだりしていません。改めて断熱材の施工精度が重要かを知らされました。

断熱材は住宅省エネ基準の地域基準にそって選択されていれば、断熱材の種類はどれでも良いと考えています。
断熱材の種別で断熱性能が決まるのではなく、その断熱材が間違いなく性能を発揮できる施工がされてこそ信頼が出来るのです。

断熱材の種類に頭を悩ませるよりも、いかに住宅の構造・工法に適した断熱材を選び、より精度の高い施工をするかが重要と考えています。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/571-179e61d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。