家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >値引き交渉のあれこれHOME > 家づくりノウハウ >値引き交渉のあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

値引き交渉のあれこれ
wa_080.jpg
ハウスメーカーと契約するのに、最後はいくら値引きしてくれるのかと気になっている人が多いみたいですね。

でもあまり期待しない方が良いですよ。
大手になるほど値引き金額にかかわらず、ぜったい損をしない内容になっているのです。

具体的に言えば、「私は150万も値引きしてもらった!」と喜んでも、打ち合わせの過程から、メーカーが契約してもらうために選んだシナリオと考えた方が良いでしょう。
本当の値引き交渉は、メーカーのいう最終提示価格から始まるといってもよいのではないでしょうか?

現在のハウスメーカーは以前の工務店のように詳細見積もりを出さず、当初の概算見積もりで打ち合わせに入りキッチンやユニットバス、外壁材などの仕様決定過程で追加・変更金額を算定しした総額に値引きを起こします。

例えば、基礎工事などは一式表示か㎡表示程度ではないですか?
基礎の詳細見積もりとなると、鉄筋、生コン、型枠、土工事・・・と多くの項目に金額があるのです。

しかし、表示される金額は一式表示でブラックボックスとなっていて、明確にでているのはキッチンやユニットバス などの単品商品価格です。

このような商品価格は、掛け率何%とや、自社オリジナル商品でいくらと価格が明示されています。
それは、素人の方でもカタログなどで比較検討できるからです。
また、比較検討した屋根材、外壁材、内装材などでも商品価格と施工費が明確に表示はされているでしょうか?

実際には屋根工事(○○瓦使用)一式いくらのような表現になっています。

このように、あなたが実際打ち合わせで把握している一部の金額よりも、はるかに大きなブラックボックス金額が存在しているのです。
簡単にいえば、ある程度の「値引き金額」は、いかようにでも操作できるといえましょう。

私の知っているハウスメーカーは、お客様が選択出来る商品価格だけ他の業者よりも安く提示するところがあります。
営業マンに言わせると「それだけでもお客様は安いといって喜び、交渉で優位に立てます」と言うことでした。
しかし、最終契約の総金額は他のハウスメーカーと同じようなものですから、ブラックボックス部分の金額が増えているわけです。

ですから、「あのメーカーは機器の掛け率が安い」「この工務店は掛け率が下がらない」などと言っても、しょせんあなたに預けられた選択範囲内での話であって、一番大事なのは最終的に総額がいくらになるのかなのです。

このことからもメーカー1社に絞り、値引き金額で一喜一憂するよりも、複数の業者と交渉し見積もりを取る方が、メーカー側にすれば競争の原理が働き、本当の意味の値引き価格が提示されます。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/583-7e995e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。