家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >自分に合った住宅ローン探しHOME > 資金計画 >自分に合った住宅ローン探し
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

自分に合った住宅ローン探し
ba_021.jpg
現在住宅ローンは多種多様で、選択できる住宅ローンは、金利のタイプ、水準も多種多様でひとつの金融機関で10~15パターンもあります。

銀行を見渡しても、都市銀行、地方銀行、JA、信用金庫、労働金庫、信用組合、ネット銀行・・と思い浮かべても数多くあり、銀行と金利タイプの組み合わせでも。ざっと100以上のパターンがあります。

以前の住宅ローンは住宅金融公庫からの公的融資が当たり前の時代があり、社内融資や、民間金融機関なども金利のタイプなどが横並びで、選択肢がとても楽でしたが、2007の4月に、住宅金融公庫が独立行政法人に移行し廃止されたことにより、民間金融機関の住宅ローンの競争激化の結果、多くの金融商品が溢れました。

特に民間金融機関は、優遇金利やキャンペーン金利などで激しいしのぎをけずっています。
ローンの種類やパターンが増えるほど、利用する消費者が選択に迷う傾向にあります。
現在の家づくりは、住宅ローンの選択が最も重要なファクターになりつつありますよ。

このような状況の中で、自分のマイホーム資金計画にあった住宅ローンを慎重に検討していく必用があるでしょう。

しかし、慎重に検討といっても、余りにも種類が多く、何が自分にあっているのか考えても手に負えなくなっていませんか?
正直な話、よく解らないし、面倒になってハウスメーカーにお任せと言う人が多いのではないでしょうか?

でも、チョッと待ってください。ハウスメーカーはあなたのために住宅ローンを一生懸命選んでくれているように見えますが、実は手っ取り早く契約するための住宅ローン選択であって、あなたの長期に渡る将来的なライフプランを検討して住宅ローンを選んでくれているわけではありません。

例えば、生命保険などと同じように、保障内容がよく解らないまま、勧められるまま選んでいませんか?

「それでは、どのように自分にあった住宅ローンを探せばいいの?」という質問になりますよね。

私は、現在の状況からすると、その筋の専門家である「ファイナンシャルプランナー(FP)」などに相談することをお薦めします。

マイホームは大きなお買い物です。
面倒になってしまい人にお任せするのではなく、しっかりとした将来設計のもとに自分に合った住宅ローンを選んでください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/585-e45d4461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。