家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >理想の土地のはずが・・HOME > 不動産の知識 >理想の土地のはずが・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

理想の土地のはずが・・
ttt_20100424200407.jpg
夢のマイホームにはまず土地探しからです。
自分達の希望の間取りや規模の住まいが建つのか、買い物や子供通学などの生活に便利な環境かなどを基本に探しますよね。

多くの人は、現在の自分達の生活基盤を中心に土地をさがしますが、なかなか良い住宅地は見つからないのが現状です。

狭い国土のうえに少ない住宅地、不況で値下がりといってもまだまだ売り手市場の業界です。

そのようなせいか、チョッと条件にあった土地があると、深い思慮がなくなって「すぐに押さえなくちゃ・・」という考えになってしまうようです。

最近、私のイトコが「土地を買をとおもうので一緒に見てくれないか?」という誘いをうけました。

「やっと自分達の条件に合う、理想に近い土地が見つかったよ」といっていましたが、私は現地を聞いていやな予感がしました。

土地は近所にスーパーがあり、学校にも近い住宅地の一角の角地です。道路から1.5mくらい盛り土され傾斜法面(のりめん)となってます。 確かに隣地よりも土地が一段高く、日当たりもよく角地で一見理想的な土地に見えます。

「土地は何坪あるの」と聞くと「70坪あるから、建物もある程度の大きさは・・」と言う答え、「傾斜法面が2方向にあるから平らな部分は50坪程度だよ、さらに土地を有効に使おうと境界に擁壁工事をうれば150万くらいかかるよ」「それに駐車場の土止め工事や階段など土地に対する追加工事を考えると200万程度の出費になるよ」と言うと「え、そんなにも・・」と絶句してしまいました。

さらに私が「見てみろよ、あそこの新しいビルが垂直に立っているのに、脇の古い家が傾いているよ、地盤は大丈夫なのか?」と聞くと「その件は・・」、どうやら地盤の状況は不動産屋に確認していないようです。
私は仕事柄、この一帯は地盤が悪いのは知っているのですが、二人で周囲を調査してみると、あちらこちらに地盤沈下の様子がうかがえます。

「土地の土止めのほかに、地盤改良費用ではとても手が出せないなあ・・・」という結論になりました。

イトコは私がブログを書いているのを知っていて、「いろいろ勉強させてもらっているよ」と日ごろ言っているのですが、実際にはこのありあさまです。

また、土地購入には、運やタイミングというものもあります。

「ここなら自分達の理想のマイホームが、この機会を逃がしたら・・」と思い込む前に、一度冷静になって物件や周囲を確認してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/596-85f97ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。