家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >尺貫法かm寸法か?HOME > 家づくりノウハウ >尺貫法かm寸法か?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

尺貫法かm寸法か?
xbxn.jpg
先日、このような問い合わせメールが届きました。

要約すると「現在、家を新築計画ですが、依頼予定業者を2者に絞ったところ、それぞれ基本寸法が尺貫法とm寸法で違っています。どちらが生活を考えた上で良いでしょうか?」という内容でした。

まず、尺貫法とmモジュールの違いを説明すると、尺貫法は標準的に柱芯間隔1.82mを一間として、0.91mが半間となりこの寸法が廊下やトイレなどの壁芯寸法となっています。

ですから、壁内寸の寸法は壁仕上げ材の厚みによって、狭くなってきます。
これに対し、m寸法は柱、壁などの芯寸法を1mを標準としています。

日本の住宅は、伝統的に尺貫法を使い大工さんが材料を加工する基準寸法になっていました。
しかし、プレカット工場加工が一般化して、尺貫法でもm寸法でも自由に採用できるようになりました。


尺貫法は伝統的に使われていて、その寸法は今でも既成家具などの基準寸法になっているのが多いのです。
ですから、尺貫法の家なら家具もバランス良く収まるが、mモジュールなら中途半端な空間が出来てしまう場合があります。特に和室の部屋は畳割付けなどを考えると尺貫法で納めるのが基本といえるでしょう。

ただし、尺貫法は寸法が狭いですから標準的な部屋のドアは、通路有効寸法が75㎝程度しか取れません。
これでは、将来車いす生活などになった場合、大変に不自由します。
それでは、入り口だけ広く注文というと、材料のロスが多く割高な工事となります。

また、廊下や階段廻りを考えるとm寸法の方が、はるかにゆとりがあり使いやすいといえます。
特に階段は、手摺が付きますからさらに有効寸法が狭くなり、物の持ち運びを考えるとmモジュールの方が良いといえます。

こうして見ると、和室以外はm寸法の方が良いという答えになってきますが、m寸法にも意外な面が含まれています。

例えば尺貫法の8帖間(約13.2㎡)は1m寸法では16㎡なります。
これは、一概には全てそのように広がるとは言えませんが、おなじような生活空間を求めると、m寸法は坪数が大きくなるのです。
逆に考えると、同じ部屋数でm寸法40坪の家は、尺貫法でつくると33~34坪程度の家になると言うことです。
部屋数が同じであれば寸法の伸びは予算に若干しか反映しません。ほんの少し寸法が伸びても、ドア、窓や照明器具が増えないことからも分かりますよね。

このことから、坪単価を安く表現する考えだけで、m寸法を採用するところが増えているのです。
現実に手元にローコストメーカーの間取りののったチラシがあれば見てください。どこもm寸法のはずです。
もし、ローコストをうたい文句に尺貫法を採用してるのであれば、良心的なのか経営がヘタなのかです。

私が設計する場合は、通路、階段、トイレ幅、はm寸法を採用し、他の部分はお客様の希望面積、想定予算、ライフスタイルなどに応じて尺貫、m寸法という基準を決めず寸法を割り付けていきます。

私の図面を見ると、プレカット工場は基準がないので大変にいやがりますが、お客様にとっては生活スタイルから寸法を決めているといえるでしょう。

一般ハウスメーカーでは、このようにするのは困難かも知れませんが、注文住宅なら自分サイズの寸法を考えて 注文するのも一考ではないでしょうか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/599-254054ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。