家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地と家の資金は同時進行HOME > 資金計画 >土地と家の資金は同時進行
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地と家の資金は同時進行
xqoo_20100406003709.jpg
土地を求め土地に合った家を設計して建てるというのが家づくりの理想ですが、土地代金を全額自己資金で買えるような資金に余裕のある方は、そういませんよね。

全額自己資金で土地を買えるわけでもなく、マイホームを手に入れるためには建物の資金計画も必用、
それでは、土地、建物それぞれに頭金が必用でローンを・・・?
一体土地のローンがあるのに建物のローンが組めるの・・・・?

「えーい、面倒だ!いっそ建売かマンションにしょう・・・」などと考えていませんか?

ちょっと待ってください。土地代をローンにする家つくりの資金計画の場合、次のような方法になります。

例えば、自己資金が500万円、土地が1000万円、建物2000万円だとローンが2500万円となります。

そうすると、土地の頭金を 300万円として700万円はローンに回します。

このような内容で、ローン審査を申し込むのですが、この時点で土地+建物の金額を合算した2500万円の審査をしてもらいます。

なぜかというと、土地は手に入ったが家のローンが借りられないと困りますよね。
土地の購入後には、すぐにローンの支払いが始まりますよ。

このようにして審査が通った場合は、まず土地代の700万円を先に融資してもらいます。
ただし、ローンを実行するには、間違いなく家を建てる証明として金融機関に「建築確認通知書」や「請負契約書」などが必要になります。

このようなことから、土地代をローンで支払う場合は、建築会社とマイホームのプランが決定していなければいけないのです。

自分の希望の土地はなかなか見つからないもの、つい良い物件があると衝動買いする方もすくなくありません。
土地を契約すると、1~1ヶ月後には土地代金を支払わなければなりません。
でも、確認申請のプランは決まっていますか?

また、ローン審査、融資実行までの手続きに必要な期間は通常1ヶ月程度です。
そうなると、建築会社を選んだり家づくりのプランを打ち合わせる時間がほとんどありませんよね。

ですから、土地選びと住宅プランは並行して考え、住宅ローンは土地+建物の審査が必用となります。

建築士としては、土地を十分に調査して、その土地に適した設計に時間をかけるのが理想ですが、なかなかそのような仕事は少ない時代になくなりました。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/609-6b58e673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。