家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >不動産売買契約の問題点HOME > 家づくりノウハウ >不動産売買契約の問題点
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

不動産売買契約の問題点
sdd.jpg
家を取得するには「請負契約」と「売買契約」といった2つの契約形態があります。

「請負契約」とは注文住宅などの形態で、まだ形のない建物を図面などの設計図書で契約し、完成後引き渡される契約形態です。

「売買契約」は、土地やマンション、建売住宅、中古住宅などの現状物件を見て購入する契約をいいます。

「それなら売買契約は、物件を見ていやなら買わなければよいのだから何も問題はないのでは?」と思いますよね。

しかし、建築中のマンションや建売りなどは、完成前から販売して仮契約者をつのりますから注意すべき点があります。

建築中の物件は建物が出来上がるまでは正式契約は行えず、仮契約(売買予約)といった名称で申込金を集めますよね。業者側からすれば、先行投資金額が大きいですから、早期に顧客を付けたい狙いです。

当然に建築工事物件ですから、完成までの設計図書は存在しますが、完成後の本契約時点では仮契約時点で見せられた図面内容と違っている場合があります。

業者側にすれば「売り渡すことを確約する」仮契約ですが、完成契約までは業者側の企画所有物件だという考えです。その上、完成時点での本契約ですから「完成現状を優先します。いやなら契約するな、そのかわり手付金は返却出来ません」という仕組みになっていますよ。

消費者は仮契約時点で見せられた図面通りに完成するものと思いますよね。
良心的な業者の中には、仮契約図書に変更が発生すれば、お客様に報告して相談するところもあるようですが、そのような例は少なく、仮契約書の隅のほうに「完成現状を優先します」と書かれているだけです。

私は、仮契約であっても図面があって申し込むからには、その時点の図面内容で発注したと同じことと考えます。 このような風潮が業界の常識となっていては、いつまでたっても「クレーム産業」から抜け出せないでしょう。

マンション、建売住宅などは、立地条件や建物の条件が良いと「どうしても欲しい」「他の人が購入する前に」と思いがちですが、営業マンの言葉に踊らされず慎重な検討をして対応してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/611-3fa4b5e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。