家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家づくりの仕分けHOME > コラム >家づくりの仕分け
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくりの仕分け
poyt.jpg
マイホーム取得の計画を考えると、夢と現実の狭間で悩まされますよね。
特に資金計画は頭の痛い問題ではないでしょうか?

マイホーム計画の初期段階は、あれもこれもと夢がふくらみ、予算オーバーになるのが普通ですよね。
そこで、現実を考え夢の「仕分け」をしなければいけません。

家族の夢や意見を聞いて、優先順位を書き出してみましょう。
あまり、雑誌やネットなどの情報を入れずに、家族で会議することで、家づくりの方向性が見えてきますよ。

私の経験でも、設計がトントンと進んで、見積書が出て確認申請提出直前になって、設計内容や予算の減額といった設計変更はよくあります。中には、施主の予定予算や間取りが全て希望通りにまとまっても、銀行の借り入れでつまづく方も最近は増えています。

このような場合、家族の意見がまとまらないまま進行していたり、予算の計画が甘かったりする場合が多いのです。

マイホーム計画でも、国の予算監理と同じく「仕分け作業」を事前にしておくことで、現実に即した計画が見えてきます。

マイホームの仕分けをせずに、展示場などを見に行くと、豪華な空間に目を奪われ、いつのまにか営業マンとトントン拍子に話がすすみいつの間にか契約まで、しかしそこでの現実は、あなたが目を奪われあこがれた展示場とは程遠い空間、間取りになっているのが多いのですよ。

「仕分け」をするといっても、建築工事費は詳しくわからないでしょうから、多くある夢の中で、何を優先して何を切り捨てるか整理することから始めることです。

基本の「仕分け」ができたら、こんどは見積金額が出たところで再度、仕分けの検討を繰り返します。

このようにすることで、自分サイズのマイホームが具体的に見えてきます。

雑誌やネット上には、様々な夢を売り物にした住宅情報があふれていますが、それらの情報は提供するだけで責任は取ってくれませんよ。全て自己責任の選択となります。

背伸びして、先の長い住宅ローン返済でつまづかないように、しっかり「仕分け計画」が必要でしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/612-eb6ae017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。