家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >え!新築じゃなかったの?HOME > 住まいの情報 >え!新築じゃなかったの?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

え!新築じゃなかったの?
xxyo.jpg
皆さん、分譲住宅(建て売り)を購入する場合、中古住宅と表示されていない限り新築と思いますよね。
新築の分譲住宅は販売して2年経過すると、中古住宅扱いになります。

当然、販売価格は中古住宅相場となり値引きして取り引きされるのが一般的です。

でも、新築完成物件として法的に認められる時期はいつだかわかりますか?

それは、役所が完了検査をして検査に合格した検査日が書かれている日付です。。

これを悪用した事例がありましたよ。

約2年半前に建て売り(20戸)を計画して、2期分けて分譲販売しました。

先行した1期の建て売りは完了検査を受け、販売しましたが売れ行きが悪く、2年間保有するかも知れないとの危惧が会社内で生まれ、遅れて着工した第二期工事は完成しても完了検査を受けずに、営業して顧客が付きそうになった物件から順に完了検査を受けていたそうです。


もっとも最近に購入した方は、実際に工事が完成した日から2年以上も経っていましたが、中古相場とはかけ離れたほんの少々の値引きで購入したそうです。しかし、他の人からの情報で2年前には完成していたと後でわかりました。

購入した本人は新築住宅を購入したものと思っていましたから、怒りがおさまりません。

当然購入者は販売業者に文句をいいましたが、販売業業者は検査済証の日付を見せ「新築住宅です」の一点張りだそうです。

現在の法律では罰する規定はありません。法律上は立派な新築住宅になってしまうのです。

まさに法の網をくぐった、悪質商法といえますよね。
このブログを読んで、同じようなことを考える建築業者がいないことを願いたいものです。

このように、現在の不況風は様々な悪質商法を生み出していますから、「新築分譲住宅」という広告を見ても裏付けを取る時代になってきました。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/616-b34e40b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。