家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地の路線価HOME > 不動産の知識 >土地の路線価
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地の路線価
hunei.jpg
毎年7月1日に国税庁より「路線価」及び「評価倍率」が公表されています。

「路線価」とは、は相続税や贈与税を算出するためのもので、道路(路線)に付された土地の価額であり、その道路に接する土地の面積に路線価を乗じることにより土地の評価額を算出します。

ただし、土地の形状や面積等の状況を考慮して、「調整」を加えて評価する必要があります。

一方、「評価倍率」とは、その地域の事情等を反映した倍率で、固定資産税評価額に一定の評価倍率を乗じて土地の評価額を算出します。
固定資産税評価額は市町村役場や、毎年市町村より送られてくる固定資産税の通知書により確認することができますよ。

路線価や評価倍率等は全国の税務署でも確認することができますし、下記の国税庁ホームページからも閲覧することが可能です。

 【路線価図・評価倍率表】


また、地価公示法には 「公示区域内において、土地の取引を行なう者は、公示された価格を指標として取引を行な うよう努めなければならない」という 旨の規定 がさだめられています。

しかし、大都市では公示地価を基に売買価格を定めることがほとんどなく、実際には公示地価の数倍に相当するような価格での取引も多いですし、逆に地方では公示地価を下回る取引も多くあります。

そもそも、土地の評価は非常に曖昧で、地域の取引価格の状況、地主の思惑、土地形状による評価・・・と様々な経緯でその価額は変動し、を算定することは困難が伴います。

ただし、都市部ではほとんどの公道に対して路線価が付けられているため、意外と役に立つケースもあります。
前述のように公示地価と実勢価格は大きく離れていて、 「公示地価の8割が目安」 とされている程度ですが、近隣の売買事例と組み合わせれば、その割合 (路線価の比率) でおおよその傾向をつかむことはできますよ。

例えば、調べたい土地と似たような土地の売買事例が、1平方メートルあたり10万円で路線価格が6万円なら、調べたい土地の路線価が1割低い5万4千円だったら、売買価格は1平方メートルあたり8万円程度という目安は立てられます。

ただし、あくまでも目安であって、前述のように土地の細かな条件に応じて補正なども必要となり、売買価格がそれほど単純には決まりません。

土地を求めようとする方は、「路線価」を気にするよりも、地元の不動産情報にアンテナを張っておきましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/619-63e389e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。