家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家づくり成功への道HOME > コラム >家づくり成功への道
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくり成功への道
xqoo.jpg
「失敗しない家づくり」といったキャッチフレーズがよく目に入りますよね。

家づくりは、マスコミや報道機関などでも、悪徳業者や工務店などが不況からの倒産や失踪などの不安な情報が多く流れていますから、なおさら目を引く言葉です。

でも、失敗せずに成功する人とは、どのような人なのでしょうか?

住宅雑誌やインターネット、はたまた講習会などに出て勉強している人でしょうか?
それとも、専門家顔負けの建築知識を備えた人でしょうか?
または、資金が豊富で大手ハウスメーカーで、高級な家を建てた人でしょうか?

確かに現代の家づくりは、何もしらないで取り組むより、資金計画、建築工法、業者の選択法など、ある程度の知識がないと失敗することが多いと言えます。

しかし、一部の知識が豊富であっても、家一軒を完成させるには、専門かつ総合的な知識が必要です。

私も長年この業界に身を置きますが、常に法律の改正、新しい建材、工法、設備と、情報の収集の対応に追われ、施主の要望に対する最も良い選択は常に変動しています。

このような中で、短期間に家づくりを習得したとしても、大丈夫なのでしょうか?
住宅業者を選択するにしても、会社の規模、知名度などで選ぶ方、コスト面で選ぶ方、住宅のデザイン重視の方、営業マンとの相性で選ぶ方・・・と様々な選択肢が考えれれますよね。

どのような選択肢で選ぶにしても、最も重要なことは家づくり専門家集団との「信頼関係」ではないでしょうか?

例えば、昔の家づくりは大工の親方が、今で言う営業・設計・現場監督・施工を一人で仕切っていました。
工法は一種類でしたが、信頼できる大工さんという評判の人に頼めば、安心と満足な家づくりができました。

しかし、今の家づくりは情報が溢れ、工法や技術の進歩に対応する上で分業化され、組織が大きくなるほど分業化は進み、各部門の専門家の顔は見えなくなってきます。
大手ハウスメーカになるほど、担当営業マンの顔しか見えなくなってきていますよね。

昔で言う信頼できる大工の顔は、会社の規模や知名度に変わってきたようです。
でも、、会社の規模や知名度といっても、各専門分野の担当の人達があなたの家を造っているのです。

あなたの家づくりに対する技術面での疑問などは、それぞれの担当専門家に質問してみましょう。
もし、営業マンしか応対しないHMでは、信頼関係を築くことはできないでしょう。
営業マンは家を売ることが仕事ですから、売ることを優先した判断しかしませんよ。

自分が学んだり取得した情報だけを全てと考えるのでなく、プロ集団の意見にも耳を傾け、信頼関係を築いてこそ、「家づくり成功への道」といえるのではないでしょうか。
関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/621-2951112b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。