家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >間取りの考えと手法HOME > 住宅設計 >間取りの考えと手法
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

間取りの考えと手法
a0gki.jpg
家を建てるあたり、まずは間取りの検討からですよね。

間取りの検討といっても、いまは住宅業者のチラシなどに様々な間取りが乗っていますから、安易に広告用間取りにあわせて生活の間取りを検討していませんか?

チラシなどに載っている間取りは皆スッキリとしていますが、業者サイドが掲載している間取は実態のない不特定多数を想定していますから、そのまま使えば自社の利益が大幅に出る間取りなのです。

しかし、初めて家を造る方は、間取りを検討する上で参考になるのが、そのような間取り集となっています。
しかし、既存の間取り集でスタートして、本当にオリジナルなあなたの家族の生活空間が生まれるのでしょうか?

生活空間は敷地の面積や形状、法律の制限などの中で間取りを作り、最後は「予算とのにらめっこ」となります。

でもこのような過程を無視して、「最初に既存の間取りありき」という方が最近は多くなっています。

「いちいち設計士に設計要件を出しても気に入った間取りになるかどうかわからないし、自分たちが気に入ったのがあればいいのでは・・・?」という方もいます。
私の経験でもチラシの間取りを持参して、「この間取が気に入っているので入る土地を探してきますから、設計図をお願いします」という方もいました。これでは土地と家の順序が逆、住まいの設計とは言えませんよね。

チラシなどに出ている間取りには、良い間取り・悪い間取りは存在せず、それは過去の経験や工法・構造の納まりの良さなどを加味した参考プランでしかないのです。

本当に良い間取りかどうかは、それぞれの家族の生活スタイルを加味して使いやすさを検討しなければ判断できません。

それではどのようにすればよいのでしょう。

まずは、土地の上に生活の空間を検討してみましょう。
リビングなどの家族団欒スペース、個室などのプライベートスペース、水回り・設備スペース、アプローチ・玄関などの来客スペース、収納スペース・駐車・物置スペース・・・などを大きくブロック分けして、1.2階の配置も考えながら検討することを「ゾーンプランニング」といいます。

おおよそのゾーンプランングが決定したら、家族の生活動線、来客者の動線などを書き込みます。
この生活動線は主要な動線(家事、家族の移動動線など)とサブ動線(来客者など)に分けます。
主要動線が複雑だと、「使いずらい家」となりますから、再度ゾーンプランを検討しましょう。その上で、似た参考間取りに手を加えてオリジナルなものを作ってもよいのです。

このように家族の趣味や趣向を加味した生活スペースをベースに検討してこそ、オリジナルな間取りが出来あがります。
安易にチラシなどの間取りで検討をスタートすると、その間取りの原案から抜け出せなくなり、原案を複雑に変化させただけの 使いずらい間取りになってしまう場合がありますから注意してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/628-019d9643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。