家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >連帯債務と連帯保証人HOME > 資金計画 >連帯債務と連帯保証人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

連帯債務と連帯保証人
a0gppu.jpg
住宅ローンを借りるとき収入合算を行うケースは、一般的に多くなりましたね。

収入合算を行う場合、「連帯債務」と「連帯保証人」の2通りがあり、「連帯債務者」、もしくは「連帯保証人」のどちらになるかの違いを確認しておきましょう。それぞれの言葉の違いを説明します。

<連帯債務者>

連帯債務者とは連帯して債務を負っている者ということで、れぞれが同一の債務について同じように責任を負うということになります。
例えば、夫婦で3,000万円の住宅ローンを連帯債務で借りるなら、夫婦それぞれが借入れ先に対して、3,000万円全額についての責任を負うことになり、3,000万円全額を返済すれば債務はなくなります。

連帯債務者は、本人と共に債務を負う責任があり、いつでも金融機関から返済請求を受ける可能性があります。 ただし、それぞれの負担割合に見合った住宅ローン控除を受けることも可能です。


<連帯保証人>

連帯保証人とは本人と連帯して債務を保証する人のことで、あくまで保証をする立場であるため、借入本人の返済が滞ってはじめて、借入先から返済請求を受ける立場にあります。

例えば、夫が3,000万円の住宅ローンを借りて、収入合算した妻が「連帯保証人」となった場合、借入先に対する債務者は夫のみとなり、妻が返済請求を受けるのは、債務者の返済が滞ってからです。
あくまでも連帯保証人という立場のため、住宅ローン控除の適用を受けることができません。

収入合算で「連帯債務者」となる代表的な例には「フラット35」があります。
それに対し、一般の民間金融機関の対応はさまざまですが、「連帯保証人」となるケースが多く見られます。

住宅ローンの契約書にサインする際は、どのような立場でサインするのかを確認しましょう。

また、将来夫婦間で離婚が成立したとしても連帯債務者・連帯保証人の債務は消滅しませんから、注意してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/637-ce1bbeaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。