家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >予算オーバー対策HOME > コラム >予算オーバー対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

予算オーバー対策
a0floi.jpg
マイホームが出来あがって住宅の予算を集計してみると、皆さん追加工事などで予算がオーバーしたという話をしますよね。 中には、住宅なら追加工事の100万円や200万円は常識と考えている人もいます。

それでは、なぜ追加金額や多額の予算オーバーが発生するのでしょうか?

注文住宅の場合は建て売り住宅と違って、形のないものを要望にそって図面を書き、出来あがったものに対し見積書を作成して金額が出ます。図面にも見積にもないものが「追加工事」となります。

ここがポイントで要望を提出する場合、間取りばかりに気を取られず、マイホームでの自分の生活を徹底的に見つめなおして 必要なものを書きだしてみましょう。
長年、住宅業務の経験から「追加工事」となるのは、それぞれの方の日常の生活習慣にたいする注文が多いのです。

設計打ち合わせ当初は、「間取りはどうしようか?」「建築金額は?諸経費は?」「どこの業者にしようか?」・・といったようなことで頭がいっぱいになり、やっと契約にたどりつき、現場の進行とともに空間が出来あがってくるのを見て初めて、「ここに棚を、収納がたりない、物干しの場所は、コンセントの数が・・・」といった生活習慣上の不足なものが見えてくるようです。

前述したように、図面にも見積にもないものが「追加工事」ですから、事前に日常の生活習慣上必要なものをチェックしたうえで、図面化してもらい詳細見積を依頼しましょう。
その上で総額交渉すれば、途中で追加工事が発生するよりも大幅に追加金額が押さえれれます。競争見積であれば、なおさら効果があるでしょう。

特に、大手ハウスメーカーやローコストメーカーは標準的な企画プランと概算見積書で契約を迫りますから、その金額ならと安心して仮契約をしてしまうと、詳細打ち合わせに入って出した要望は次々オプション契約になってしまい、着工前から予算オーバーという例も多々あるようです。

まずは、家族の生活習慣に必要なものをか検討し、それに対する図面と詳細見積もりが出るまでは仮契約すらしないことが賢明でしょう。

それでも予算オーバーしてしまうという方は、マイホームに反映された「夢と憧れ」の部分から調整していきましょう。
「え、夢と憧を除いたら何のためのマイホーム?」と思われかも知れませんが、新しい家での生活に夢と憧れを描いても、それまでの生活習慣からは脱却できないのが現実ではないでしょうか?

例えば、ユニットバスを通常品より50万円グレードを上げたとしても、入浴スタイルや入浴時間は大幅な変化はないはずですし、システムキッチンを高価なものにしたとしても、日常の食卓内容に劇的な変化は期待できませんよね。

マイホームを計画中は照明器具選びも大変楽しく、デザインを優先して選びがちですが、生活がはじまると電気料金の方しか頭になく、点灯しない照明器具があちらこちらに・・・といったお宅が多いのです。

「予算オーバー対策」とは、「夢と憧れ」を事業仕分けし、日常の生活習慣を優先することが基本となります。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/640-2a269cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。