家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >設計図の役目HOME > 住宅設計 >設計図の役目
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

設計図の役目
japanese-style.jpg
住宅の設計や設計図というと、間取りや外観デザインなどにどうしても目が行きがちですよね。
設計の基本プランはそのような、お客様に説明しやすい図面でよいのですが、建物を完成させるには多くの工事関連の図面が必要となります。

設計という業務は家を建てるとき、スタートから完成まで全ての基本となります。
もともと何もない空間に、多くの建築関連業者が集まって家を組み立てていくのですから、設計図がないとまとまらないのは素人の方でもわかりますよね。

口や書類で約束しても、図面に表示されていなければ、施工されなくても結果的に文句は言えませんよ。

しかし、設計図ができるだけシンプル化され、その決めごとで現場が進行していく家づくりもあります。
それは、大手ハウスメーカーの規格商品や、ローコストメーカーの図面などによく見られます。

これは、設計業務がいいかげんなのではなく住宅を規格化し設計図を一定化して、現場の職人も設計上の決めごとで施工しますから、設計から現場管理まで書類的に大変シンプルな内容になっていますよ。

でも、それでは注文住宅の場合、図面不足によるトラブルなどの話をよく聞きます。

設計図は、営業マンがお客様の要望を聞き、設計士が図面を作成するのが通例ですが、どうしても規格化された住宅は、図面枚数が固定してしまい、細部の打合せなどはメモ的な書類となって、図面化されない場合が多いようです。

例えば、ここの壁には棚板を、あそこには室内物干しを天井から・・・といった注文を出した場合、平面図だけに書き込み表示がある場合をよく見かけます。

このような場合、寸法や納まり、下地材などの詳細な図面がないと、現場の職人の判断による施工となってしまいます。
その結果、収納家具が棚に当たってしまったり、下地の施工が悪く、重いものが載せられないといったことも発生します。

設計図の役目とは、お客様の要望をすべてまとめ、構造的な納まり、法規面、デザイン面、予算面、安全性、使いやすさ・・・と様々な角度から検討して図面化することです。

設計図の表現力不足から、お客様と施工業者の間での解釈の違いによるトラブルや、図面上の線一本のミスから何万、何十万といった予算の違いが出る場合もあるのです。

特にオプション工事などは、書類項目だけで図面がない場合が多いですが、そのような工事ほど設計図が提示されるところはよい建築業者といえるでしょう。

皆さんは自分の注文が、規格外のオプションの場合、項目を文書化しただけで安心してはいませんか?
こちらに標準的な設計事務所が作成する設計図の種類が出ていますから参考にしてください。

 設計図の種類と内容

ハウスメーカーや工務店の場合、そこまでの図面は求められないでしょうが、できるだけ内容の図面化を求めることが、結果的に細部まで検討された良い家が完成するのです。

私も長年設計業務をしていると、細部の納まりを検討して図面化することにより、他との取り合いが悪いことに気づいて設計を変更したりということはよくあります。

設計というとデザイン面や間取りなど、一見楽しそうな業務に見えるかもしれませんが、人間の日常生活空間をつくる住宅設計の業務は、実に地道な作業の積み重ねといえます。

一生に何度も建てることのできない大切なマイホームです。設計図の役目を理解して大いに図面を求め、納得いくまで検討しましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/642-cfca8262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。